外壁張替え工事

 gaiheki-harikae-yougyou
外壁リフォームの中には「外壁塗装」「外壁カバー工法」「外壁張替え工事」というものもあります。今回【外壁張替え工事】についてご紹介したいと思います。

外壁張替え工事について

外壁張替え工事とは、その名の通りに既存の外壁材を解体撤去し、新たに外壁材を張る事を言います。

外壁張替え工事として、最も多く選ばれる外壁材が「窯業系サイディング」といった、現在新築の8割に使用されている外装材です。

窯業系サイディングとはセメント材を中心に作られている外壁材です。一昔前はモルタル壁の建物が多かったのですが、モルタル壁に変わり新しく出てきたのが、窯業系サイディングです。モルタル壁との違いを少しご紹介します。

まず窯業系サイディングは外壁材のサイズが統一化されている事により、施工技術の簡略化。工期の安定化。材料など数量の拾い出しが行いやすい。何よりも現在は【通気工法】と呼ばれる工法により施工されている事が多いので、一昔前の【直貼り工法】に見られる外壁の結露や、雨漏りを引き起こしやすい問題が無くなりました。

また【金具留め通気工法】といって外壁材を直接、釘で留めず専用金具を使い固定する事で、外壁の割れ、ヒビの多発を防ぐと共に、釘跡が目立たない美観の向上も実現されています。

このページでは窯業系サイディングの外壁張替え工事とは?をご紹介していきます。

外壁張替え工事のメリット・デメリット

外壁張替え工事にも様々なメリット・デメリットが有ります。

具体的なメリットには

  • 通気工法に変えられる事から、結露や汚れの問題が解消され建物が一新される
  • 様々な外壁材の柄や色を選ぶことが出来る
  • 新築同様、綺麗になる
  • もちが非常に良い
  • 住みながらのリフォームが可能、騒音もかなり抑えられる

など、機能性・耐久性・美観性といった三拍子が外壁張替え工事にも備わっています。

新築戸建のほとんどは今はデザイン性の高い窯業系サイディングが使われています。

もちろんデメリットも有りまして、価格の面では塗装や外壁カバー工法と比べるとどうしても割高になる事や、外壁張替え工事は既存の外壁を剥がす事から、屋根工事同様に天候にも十分配慮しなければなりません。そして建物の構造を理解していなければ、【納まり】といって外壁張替え工事の仕上げ方が不十分な物になると、見た目だけでなく、本来の機能性も落ち、雨漏りの要因となる実例も見てきました。

外壁カバー工法とも繋がるのですが、ただ張れば良いという訳ではなく、きちんとした知識・経験を持った職人が施工を行わなければ、上記の様な弊害が起こってしまいます。

以上のメリット・デメリットがあります。これから外壁リフォームをお考えの方で外壁の色あせだけの問題でなく、遮熱、断熱効果を得たい。外観の雰囲気を変えたい。何より直貼りによる結露の弊害を解決したい。という方にとっては外壁張替え工事も選択肢の一つとして選んで頂く事が出来ると思います。

費用感と工期について

【外壁張替え工事費用(サイディング撤去の場合)】

・1㎡辺り 6000円~

【工事期間】

・約3週間(天気の都合含めです)