三重県津市・四日市市の雨漏り・屋根リフォーム専門店。完全自社施工とトリプル保証で大事な家をお守りする情熱リノベーションです。

情熱ブログ 情熱リノベーション株式会社 代表 小河

CONTACT

情熱リノベーションでは、三重県内を中心に
雨漏りの無料調査・修理を行っております。
雨漏りでお悩みの方は、お気軽に
ご相談くださいませ。

0120-246-1940120-246-194 受付:8:00~20:00 土日祝も対応します!

20/09/22

  • 雨漏り修理お役立ち
  • 防水工事
  • 情熱コラム

どうして雨樋から雨漏り?

こんにちは、水谷です。

今回は雨樋からの雨漏りを3パターンご紹介します。

「樋から雨漏りしている」というお問い合わせがあっても漏れ方は様々なので、またそれによってもこちらの対応、処置が変わってきます。

なのでこの記事を見ていただければ「こんな漏れ方だからこんな感じに対応してもらえる」といっただいたいの対応が分かってもらえるかと思います。

 

初めに知っていただきたいのが、雨樋の部分の名前です。

屋根の軒先についているものを「軒樋」、

屋根から地面に垂直に延びているものを「竪樋」、

その軒樋と竪樋を繋ぐ四角形のものを「集水器」といいます。

1つ目は枯れ葉や土が詰まってのオーバーフローです。

オーバーフローというのは「コップに水を注ぎ続けるとこぼれる」と同じ現象です。つまり許容を超えて溢れてしまっている状態です。

このパターンが一番多いと思います。

雨で流れた葉っぱや土が集水器に詰まったりするのですが、まだ集水器で止まっているなら雨樋掃除という形で対応させていただきます。

中には竪樋のどこかで詰まっているというパターンがあって、こうなると竪樋を切断するしかありません。

竪樋を切って、中の詰まりを除去して、復旧する、という流れになります。

その際、地面の排水管と竪樋を繋ぐ排水管カバーというものをつけさせてもらいます。

 

2つ目は軒樋の亀裂からの雨漏りです。

つなぎ目や、角の曲がっている部分が長年の紫外線などにより、割れてしまうこともあります。

補修方法としましては軒樋の部分的な交換になります。

 

3つ目は経年変化によって軒樋が前に倒れてしまい、屋根を流れてきた雨が軒樋を飛び越えてしまって、

軒樋に入らずにそのまま下に落ちて行ってしまうパターンです。

これは手でグッと上に押し上げれば多少は改善されたりする場合もありますが、

それで完全に直るというわけではないので、こちらも部分的な交換、または雨樋全交換になります。


雨樋が機能していないと屋根から雨水がほぼダイレクトに下に落ちてきてしまいます。

そうなると地面から雨水が跳ね返って外壁や土台などを傷めてしまいますので、定期的な雨樋掃除がベストです。

一般の方でも雨樋掃除が出来るお家はありますが、基本的には高所作業になり、危ないので我々のような業者に頼んでいただきたいです。

定期的に雨樋掃除を行えば雨樋の全交換等、大規模な工事をしなくて済みます。

特に家の近くに山や木などがあるお家はこれからの時期、枯れ葉などが雨樋に落ちやすいので注意が必要です。

補足として、台風などの天災の影響で雨樋が破損するなどの被害が出た場合には、火災保険が雨樋の修理費用に適用されるケースもございます。

CONTACT

情熱リノベーションでは、三重県内を中心に
雨漏りの無料調査・修理を行っております。
雨漏りでお悩みの方は、お気軽に
ご相談くださいませ。

お気軽にお問い合わせください! 0120-246-1940120-246-194 受付:8:00~20:00 土日祝も対応します!