三重県津市・四日市市の雨漏り・屋根リフォーム専門店。完全自社施工とトリプル保証で大事な家をお守りする情熱リノベーションです。

情熱ブログ 情熱リノベーション株式会社 代表 小河

CONTACT

情熱リノベーションでは、三重県内を中心に
雨漏りの無料調査・修理を行っております。
雨漏りでお悩みの方は、お気軽に
ご相談くださいませ。

0120-246-1940120-246-194 受付:8:00~20:00 土日祝も対応します!

20/10/20

  • 雨漏り修理お役立ち
  • 金属サイディング
  • 窯業サイディング
  • 情熱コラム
  • コーキング工事

今日からできる雨漏り点検!

こんにちは、水谷です。

今回は一般の方でも出来る雨漏りの入り口箇所になりがちな点検箇所をご紹介します。

まずは「外壁の目地のコーキング」です。

外壁にも種類はいろいろありますが、その中でもシェア率が一番多いのが「窯業系サイディング」になります。次に多いのが「金属サイディング」です。

このサイディングというもの、下から順に外壁材を張っていくのですが、サイディングの列と列の間には目地という隙間が生まれます。

サイディングの目地

この隙間を埋めているものがコーキングと呼ばれるものです。一般的な言葉でいうなら「ボンド」です。

皆さんのお家の外壁をぐるっとみてもらうと均等な感覚でゴム質の線が入っていると思います。窓の枠周りにもゴム質の物があると思います。

そのゴム質の物がコーキングであり、劣化しているとひび割れたり、サイディングから離れていたりするかもしれません。

撤去したコーキング

これはコーキング打ち替えのときに撤去したコーキングです。表面のひび割れが確認できますね。

 

このコーキングがなぜパリパリに劣化していくのか、というと「可塑剤(かそざい)」が入っているからです。

可塑剤とは材料に柔軟性を与えたり、加工しやすくするために入れる物質のことです。

皆さんの身近なもので言うと輪ゴムや洗濯ばさみにも可塑剤が入っています。

屋外に長く放置していてカサカサのパリパリになった輪ゴム、洗濯ばさみを誰もが1度は見たことがあると思います。

情熱ではコーキングの打ち替えのときは可塑剤が入っていない「ノンブリードタイプ」のコーキングに打ち換えております♪


このコーキングがサイディングから剥がれていたり、亀裂が入っていたりすると、雨の入り口になりかねません。

よくある雨漏りの経路は外壁のコーキングのきれから入り、窓サッシの周りやビスから出てくるといったパターンです。

サッシ上部に関しては亀裂はほんの少しでもあれば、サッシ上に溜まった雨水を外壁材がドンドン吸っていき(毛細管現象)、中の柱を伝って室内に入っていってしまいます。

日曜大工など、一般の方でもコーキングを打ってみえる方はいらっしゃります。

それでも「手の届く範囲しかしていない」など、高いところはひび割れたままなんてお家もあります。

打ち替えをする際はお家のコーキングすべてを打ち換えた方が良いです。

一度、今度のお休みの日にコーキングに注視しながらお家を1周見てみてください。

コーキングのきれや剥がれが確認出来たら情熱リノベーションにお電話ください♪

CONTACT

情熱リノベーションでは、三重県内を中心に
雨漏りの無料調査・修理を行っております。
雨漏りでお悩みの方は、お気軽に
ご相談くださいませ。

お気軽にお問い合わせください! 0120-246-1940120-246-194 受付:8:00~20:00 土日祝も対応します!