三重県津市・四日市市の雨漏り・屋根リフォーム専門店。完全自社施工とトリプル保証で大事な家をお守りする情熱リノベーションです。

情熱ブログ 情熱リノベーション株式会社 代表 小河

CONTACT

情熱リノベーションでは、三重県内を中心に
雨漏りの無料調査・修理を行っております。
雨漏りでお悩みの方は、お気軽に
ご相談くださいませ。

0120-246-1940120-246-194 受付:8:00~20:00 土日祝も対応します!

20/07/25

  • 雨漏り修理お役立ち

屋根裏で起こる結露について

こんにちは、水谷です。

今回は「屋根裏で起こる結露」についてお話ししたいと思います。

 

雨が降っておらず、カンカン照り続きなのに天井にシミがあったりしませんか?

「雨なんて降っていないのになんのシミ?」と思う方もいるかと思います。

それは屋根裏で起こった結露の水滴によるシミかもしれません!

 

冬場、窓が濡れていたりするのを見たことがありませんか?

夏場、冷たい飲み物を入れたコップの外側に水滴がついているのを見たことがありませんか?

それが結露です。

結露とは、外側と内側に温度差があると空気中の水分が凝縮して水滴が生成される現象のことです。

 

家だと屋根裏でも結露が起こります。

夏場なら冷房で冷やされた室内の空気と暑い外気によって。

冬場なら暖房で暖められた室内の空気と寒い外気によって。

屋根裏で水滴ができ、それが天井裏に落ちると、部屋の天井にシミとして現れます。

屋根材のその下、合板と呼ばれるものがありますが、これが乾燥には強いんですけど、湿気には弱いんです。

合板といえど、結局のところは木なので水を吸います。

水を吸うということは劣化しやすくなるということ。

下地材(合板)の劣化は屋根の寿命にも関わってきます。

 

部屋の天井でなく、普段見えない部分に結露によるシミが出来ている場合もあります。

押し入れの天井部分です。

押し入れは空気が籠りやすいので、また確認してみてください。


対策としては換気棟を取り付けることです。

屋根裏を換気させるために棟と呼ばれる屋根の頂点の部分に穴をあけます。

「屋根に穴をあけて雨が入ってこないの?」という声もあります。

ですが、換気棟という部材を取り付けることにより、雨は入らず、屋根裏の空気は抜けていきます。文明の利器です。


新型コロナウイルス対策として室内の換気を心掛けている方は多くいらっしゃると思いますが、

屋根裏の換気も気にかけてあげてくださいね。

CONTACT

情熱リノベーションでは、三重県内を中心に
雨漏りの無料調査・修理を行っております。
雨漏りでお悩みの方は、お気軽に
ご相談くださいませ。

お気軽にお問い合わせください! 0120-246-1940120-246-194 受付:8:00~20:00 土日祝も対応します!