三重県津市・四日市市の雨漏り・屋根リフォーム専門店。完全自社施工とトリプル保証で大事な家をお守りする情熱リノベーションです。

トリプル保証・責任施工システム

CONTACT

情熱リノベーションでは、三重県内を中心に
雨漏りの無料調査・修理を行っております。
雨漏りでお悩みの方は、お気軽に
ご相談くださいませ。

0120-246-1940120-246-194 受付:8:00~20:00 土日祝も対応します!

工事が終わった後に、もし直ってなかったらどうしよう…
皆さまの不安を払拭するためのシステム

情熱リノベーションでは、雨漏り施工に絶対の自信があります。自信があるからこそ施工に責任を持ち、お客さまに安心いただけるよう保証システムを導入しています。3つの保証で施工を担保し、お客さまへの安心をお約束します。

トリプル保証・責任施工システムとは

情熱リノベーションでは、
自社施工を保証する独自の保証のほか、
メーカー保証、第三者機関の瑕疵保証を
ご用意しております。

トリプル保証・責任施工システムとは
独自の工事保証
工事後、同じ箇所からの雨漏りが発生した場合は、当社にて完全保証いたします。
メーカー保証
屋根材などは製品性能だけでなく、アフター面を考慮したメーカー保証がある製品を選んでおります。
第三者機関保証
私たちが加入している第三者保証会社は【JIO】(ジオ)日本住宅保証検査機構という保証会社に加入しています。
当社が倒産した場合でも国土交通省認可の業者が引き継いで工事を実施します。
第三者機関保証って何?

情熱リノベーションでは、
リフォームかし保険に加入しているため、
いざという時も安心です。

工事に不具合が
発生したら!?

『JIOリフォームかし保険』では、工事が原因で不具合が発生しても事業者が保証するので安心です。事業者が保証のために行う補修工事にかかる費用を保険でカバーできるので必要な補修工事が確実に実施できます。

業者(当社)が
倒産した場合

万が一、当社が倒産してしまった後に工事部分に不具合が起こっても、保険期間内であればお客さまから補修費用をJIOに直接請求できます。
保険の仕組み
保険の仕組み保険の仕組み

保証内容についてもっと詳しく知りたい方は
お気軽にお問合せください。

当社に限らず工事を進める際には
保証が行き届いた業者をお選びください。

このように、工事の質の良し悪しも大事ですが、工事後の不具合に対する保証を用意している業者を選ぶことが安心へと続く近道です。実際に、工事後の不具合でお困りの方も多く存在しています。そうならないためにも業者選びには十分気をつけてください。

もう少し知りたい方は下記の情報をご覧ください。

矢印

業者選びと保証について

ご自身で業者を選ぶときのコツと、保証について少し説明します。

雨漏り修理や屋根リフォームといった工事が無時に完了しました。

だけど・・・ちょっと待てよ?もしこれで直ってなかったらどうなるの?「保証書です」って渡されたけど、いざとなったら「補償対象外です!」なんて言われないだろうか!?

何十万、何百万という金額を、業者を信じ、我が家の工事を任せたけれど、最初だけ都合の良いことを言って、後はしらんぷり・・・。

実際こういった話はよく聞く話でもあります。

ではどうすれば、自分たちが工事後も安心でき、後悔しない雨漏り修理や屋根リフォームを行うことができるのでしょうか?

業者を選びましょう!

最初の見極めも重要なポイントです。確かに雨漏り修理や屋根の修理となると、急ぐ気持ちは痛い程分かります。ですが急ぎすぎて後から、頼まなかったら良かった・・・。と後悔する方がよほど辛いと思います。

でも見極めって言っても、正直こっちは雨漏りや屋根に関しては素人だから判断基準が難しい。そんな声が聞こえてきそうです。そして調べるっていっても方法は?と疑問もあると思いますので以下にまとめてみました。

  • まず現在このホームページを見ているインターネットが一つの方法です。
  • 次にタウンページ等の電話帳です。
  • 他にはチラシやタウン誌等でしょうか。
  • 口コミは信頼できる人から聞けば、安心できますね。
  • 最後は看板やラジオ・テレビ等の目や耳から入る情報もあるかと思います。

さまざまな情報があります…
でも、どこも良いことばかり書いてあります。

いまはホームページで調べれば、わからないことはないぐらい情報が溢れています。つまり正しい情報と間違った情報があるのも事実です。雨漏り修理や屋根リフォーム工事に例えると、成功したと満足している人もいれば、最初と話が違うと後悔している人もいます。

ですが最初のキッカケがインターネットでなくとも、口コミでもそういった話は考えれます。後悔しないためには、「自分で調べる」といった作業は手間もかかるかもしれませんが、とても大切なことなのだと思います。

そうだとしたら、どの言葉を信じてよいのか?

工事後に雨漏りが発生したら?
業者が責任をとる確信はありますか?
矢印

3つの保証ポイントをご紹介します。

ポイント1
工事保証とは?
ポイント2
メーカー保証とは?
ポイント3
リフォーム瑕疵保証とは?

1工事保証とは?

工事保証とは各業者、工事店がお客さまに工事後に提出する保証書のことになります。
保証内容も各業者、工事店によって変わってきます。万が一問題が起きた場合に、やっかいなのが中間に業者がいる場合です。

工事保証とは

上記の図が何を示すかを、以下にまとめてみました。

【雨漏り再発の例】
  1. 以前と同じ箇所から雨漏り発生。
  2. 雨漏り修理を任せた業者に連絡。(総合リフォーム会社や建設会社等)
  3. 業者が工事を任せた下請け業者(専門業者)に連絡。
  4. 下請け業者が「原因が分からない」(再調査をして)と言ってしまった場合。

工事を請けた業者はお客さまに対して返答に困ります。そうなった時に業者のお客さまに対する対応の誠実さが求められます。

「きちんと補償させていただきます」と真摯にどこまでも対応する場合。

「補償対象外ですよ!」と適当な原因を言って突き放すのか。

極端かもしれませんが、実際答えはこの2つにどちらかになります。その返答する過程で、時間がかかったりすると、お客さまの不安はどんどん大きくなっていきます。

専門業者の保証の場合

まず専門業者できちんとした内容の保証書を、お客さまに提出する会社は工事に対して自信ももちろんありますが、仕事に対する自分たちの誇りの証明でもあります。

中間に業者がいないので、言った言わないの水掛け論になるケースはゼロに近いといっても過言ではありません。また、お客さまが伝えたい、言いたいことがダイレクトに伝わるので、「連絡はまだかな?」といった心配も少なくなります。

情熱リノベーションの保証ポイントは大きく3つです。

・工事名称や工事内容・使用材料の記載。
・工事保証年数の記載。
・補償範囲外の記載。

最後少し気になりますよね。補償範囲外に【天災】(台風・暴風雨)と小さく書いてある保証書を見て、ビックリしたことが過去にありました。台風が来て雨漏りしたから、雨漏り修理依頼したのに、最後に補償対象外で【天災】という言葉に【台風】や【暴風雨】が含まれているケースもあります。ここもよく気を付けてください。

雨漏り修理専門店の情熱リノベーションでは、そういった保証書は一切出しませんし、雨漏り修理専門店のプライドがありますのでご安心ください。

2メーカー保証とは?

次にメーカー保証について、詳しくご説明したいと思います。各メーカーさまも保証書をお客さまに提出する訳なので、補償対象外の記載が多いメーカーさまも、中にはあります。

ですがメーカーさまの立場で考えてみれば当然です。ただ単に自分たちが補償しないといって逃げ道を作っているわけではありません。じゃあなぜ?まず一つに家電製品のように直接、屋根材をお客さまに売ることができないからです。商品50%、施工50%で初めてお客さまに完成品100%の状態で、自分たちの売る屋根材を、工事店と協力の元に提供できるわけなのです。

各屋根材メーカーさまによって独自の販売店ルートというのが存在します。さらに詳しく言えば、メーカー保証というものは事実2種類あります。ややこしくなりますが、本当のメーカー保証は1つです。ではもう1つのメーカー保証は?

屋根材のみの保証書です。

ありえないことですが100歩ゆずって、ある日突然、屋根材がバリッと真っ二つに割れてしまいました。だとすると屋根材に問題があります。おそらく以下の流れになることでしょう。

工事保証とは

なぜこんな事態になるのでしょうか、、、。

答えは工事店がメーカーさまの指定する釘1本、ビス1本から細かく純正部材を使用しなかったからです。

なぜ指定部材を使用しないのか?工事店の勝手な都合ですが、材料原価が上がるからです。とても残念な話ですが、このようなことは頻繁に起きています。ただそれが明るみに出ないだけなのです。不具合が起きなければ分からない問題ですが、果たしてそれで良いのでしょうか?

お客さまからすれば、今このページを見て始めて知った方もいらっしゃるかと思います。このような問題は工事店であったり、業者のモラルに左右されます。こういった背景があることからメーカーさまも、本来はうかつに保証書を提出できないはずです。

メーカーさまは屋根材の商品を作っていても、現場で施工する状況は確認できないからです。

責任施工。私たちの業界ではよく聞く言葉です。メーカーさま+工事店=両社協力の元、実現できる商品+技術の責任をもった施工です。

私たちはこれからも責任施工を貫き、本当のメーカー保証をメーカーさまもお客さまに自信を持って提出できるように、決まったルールを守り、誇りを失わずにいます。

3リフォーム瑕疵保証ってなに?

あってはならないことですが、私たち工事店やメーカーさまが、倒産してしまえば?お客さまに提出した保証書は、ただの紙切れになります。何の役目も果たしません。

そうなった時に困るのがお客さまです。

たとえ倒産していなくとも雨漏りの再発や不具合が起きた時に工事店は「本当に補償するつもりでいるのか?」等の不安はあるはずです。

言葉に変えられないもの・・・。

いままでの工事・保証実績になります!

いくら私たち工事店が絶対大丈夫です!と文章や言葉で伝えても、形になっているものがなければ信用できません。

それが工事実績であったり、リフォーム瑕疵保証の実績であります。

4その実績が意味するものは?

まず工事実績とは?

創業何十年、何百年としていても、施工棟数の実績をいくら言っても、リフォーム工事の実績の数は?と言うと、実際のところはきちんと残っていないはずです。

新築を建てるわけではなく、雨漏り修理や屋根リフォームを希望とする方にとって一番大切なこと。それは、、、。

専門工事店がお客さまから工事を請けた直接のリフォーム実績数になります。

形になって実績が残っていれば、雨漏り修理や屋根リフォームをお考えの方にとっては、少しでも安心できるのではないか?と思います。施工物件をご自身の目で実際に確認したいとのご要望がありましたら、連絡をこちらまでいただき、OB様にご了承を得た後に、ご一緒に見に行くことだって可能になります。

また、我が家にはどんな工事が適しているのだろうか?という将来、屋根リフォーム工事を行う上での判断基準の材料の一つとしてご参考になるかとも思います。工事実績や工事途中の経過事例は【施工事例集】といった別ページにて随時更新をしておりますので、いつでもお気軽にご覧ください。

リフォーム瑕疵保証の利用実績は調べられます!

3つの安心保証が実現。といったいままでの話の中で一番大切な部分でもあります。

実はこのリフォーム瑕疵保証。通称:第三者保証とも言います。この利用実績をお客さまが調べることができるのです。この利用実績は実際に保険請求した実績ではありません。お客さまにJIOの保証書を約束通りに提出した数になります。

上の情報は旧社名である【立成】の利用実績情報になります。平成26年11月28日現在になります。これからは新しく【情熱リノベーション㈱】として登録されます。

これがどういったことかと言いますと、私たち業者がリフォーム瑕疵保証・第三者保証に登録加入しています。保証に入っています。といっても実際にお客さまに保証書を提出しなければ【利用実積】として掲載されないのです。

工事を依頼するお客さまの立場からすると、将来の安心にも大きく繋がりますので、ご自身で調べるといった作業はやはり大切になってきます。

5どこで調べたらいいの?

私たちが加入している第三者保証会社は【JIO】(ジオ)日本住宅保証検査機構という保証会社に加入しています。

まずはお手持ちのパソコン。スマートフォン等でインターネットを開いていただき【業者検索 JIO】と検索します。

以下がリフォーム瑕疵保証を調べる流れになります。

  1. 【JIO|日本保証住宅検査機構-届出・登録事業者検索】をクリックしてください。
  2. 【リフォーム工事を発注するなら】にチェックを入れてください。
  3. 【検索したい都道府県を三重県】で検索してください。
  4. 私たちの利用実績情報は現在【情熱リノベーション】で掲載されています。

リフォーム瑕疵保証の加入は業者の自由です。

現在、新築を建てる場合だとハウスメーカーさまや建設会社さま、工務店さまといった家を作る会社は【第三者保証機関の検査】を工事現場で受けています。

建築士の資格を持った検査員が工事現場に来て、施工基準を満たしているかを厳しくチェックします。

建築士の資格を持った検査員が工事現場に来て、施工基準を満たしているかを厳しくチェックします。


いまから20年前の2000年に、「住宅の品質確保の促進等に関する法律(通称「品確法」)」が施行されました。

少し難しくなりましたが、簡潔にご説明しますと、家を建てた会社が倒産したら建築主、つまりお客さまは困ります。例に挙げますと、我が家が欠陥住宅ということが発覚した場合です。家を建てた会社が倒産している以上、誰にも補償してもらえなくなるからです。

そういった誰にも頼めない。頼むのなら費用が莫大にかかるといった、泣き寝入り状態に誰も遭わないようにする為に、国が定めた保証制度です。

工事保証とは

しかしながらリフォームの場合はまだ義務付けられていません。雨漏りや不具合が起きても、業者が連絡が付かなくなったり、倒産していれば補償は難しくなります。

そういった万が一の事態にならないように、工事店がリフォーム瑕疵保証をきちんと提出すれば、お客さまから直接【JIO】第三者保証会社に直接請求していただけるのです。そういった保証制度はリフォーム業界でも義務付けていくことが大切だと思います。

新築瑕疵保証は絶対の義務ですが、リフォーム瑕疵保証に入るか入らないかは業者次第なのです。

保証内容についてご相談のある方、もっと詳しく知りたい方は・・・

安心のためにさまざまな保証を
ご用意しております。
まずは無料屋根診断
皆さまの不安をお聞かせください。
矢印

CONTACT

情熱リノベーションでは、三重県内を中心に
雨漏りの無料調査・修理を行っております。
雨漏りでお悩みの方は、お気軽に
ご相談くださいませ。

お気軽にお問い合わせください! 0120-246-1940120-246-194 受付:8:00~20:00 土日祝も対応します!