2月13日「瓦屋根の雨漏り」

情熱リノベーション 野呂です😁
【2/13 雨漏り調査】 今回、2階洋室の天井に雨漏りしているとの事で調査に伺いました😀
 
〖築33年 木造 2階建 入母屋 日本瓦〗 ・お客様にヒアリング🧐 ①去年の夏に大雨で雨漏り ➁台風時に雨漏り ③少量の雨では漏らない ・調査開始😎 先ず、雨漏り箇所の確認です。天井を見ると広範囲に雨染みが確認できます。
 
次に屋根裏に登り確認すると、木材にも雨染みがありました。雨染みがある箇所の屋根位置は隅棟がある箇所で、これである程度、雨漏りの原因となっている箇所が分かります。
 
屋根に登り雨漏り箇所まで行くと、降り棟と隅棟の交わる箇所に異物が詰まっていました。 この場所はトンネルになっていて雨水が通る道になり、トンネルが詰まると雨水が溜まり隅棟に向かって流れていく為、室内に漏水する原因となります。
 
・散水試験開始🚿 原因と思われる、トンネルの詰まり箇所に散水をすると、雨水が溜まっていくのが確認できます。溜まった雨水がどうなるのか観察すると、複数箇所から雨水が流れ出してきた。
 
破風尻付近から雨水が流れ始め、次に破風尻真下の軒裏の壁側から雨水が流れ出しました。 そして、屋根裏を確認すると雨染みがある箇所から雨水が漏水していました。
 
本来ならトンネルを通った雨水は、軒樋に向かって流れなけらばならないのです。 雨漏りでお悩みの方、我々 情熱リノベーションが解決致しますのでお気軽に、ご相談ください👍