金属系サイディング

金属サイディング

金属系サイディングは、金属板と断熱効果のある板でできた外壁材です。

軽量で施工しやすく、断熱性もあることから、人気が高くなっている外壁材です。
耐用年数が30~40年と長いのも、金属系サイディングが人気の理由のひとつです。

金属系サイディングのメリット

断熱性が高い

金属系サイディング

金属は熱を保持しやすいという性質があるため、断熱性が高くなります。
室内の温度を一定に保つことができるため省エネができ、環境にも優しい外壁材と言えます。

強度が高い

金属系サイディング

金属系サイディングは他の外壁材と異なり、ひび割れや凍害が起きない素材なので、強度が高い外壁材と言えます。
凍害に強いという点から寒冷地での人気が高いです。

強度が高いため、補修の機会も少なく、コストパフォーマンスの良い外壁材です。

高い耐震性

金属系サイディング

金属サイディングは比較的軽い部類の外壁材です。

地震が起きた際も家の躯体への負担が少なくて済みます。
リフォームのときに「外壁カバー工法」という選択肢が増えるのも軽量の金属サイディングならではです。

金属系サイディングのデメリット

錆が発生する

金属製のため、水が当たると錆びやすくなります。
金属系サイディングはガルバリウム鋼板なので、他のトタンなどの金属に比べて錆に強い素材ではありますが、絶対に錆びないというわけではないので注意が必要です。
また、近くに劣化した釘などがあるともらい錆の恐れもあります。
 
錆びの悪化を防ぐためには定期的な塗装工事が必要になります。

傷がつきやすい

金属系サイディングは、硬いものでこすったりすると傷がつきやすいです。
傷がついてしまうと、その傷から錆びが促進する恐れがあります。

物干し竿などが倒れて傷がつかないよう、金属系サイディングの外壁の周りには物をできるだけ置かないことをオススメします。

デザインが限られている

金属系サイディングは、窯業系サイディングなどと比べると、デザインの種類が少なめです。

シンプルなデザインが好みの方にはオススメですが、少し風変りなものなどが好みの方には向いていないかもしれません。

金属系サイディングまとめ

金属系サイディングは非常に耐久性の高い外壁材ですが、決してメンテナンスフリーではありません。

定期的なメンテナンスを心掛けて長持ちさせていきましょう。

この記事を書いた人

情熱リノベーション株式会社 雨漏り診断士 水谷  一真(みずたに かずま)1994年11月29日生まれ

生まれも育ちも三重県津市(白山町)です。小さな頃は野山を駆け回る野生児っぷりを発揮していたそうです。おかげで入社当初から屋根の上など高い場所に上るのはお手の物です。

情熱リノベーション期待の若手ホープです。勉強熱心で過去の数千件ある雨漏り修理実績や雨漏り原因を調べ、いつの間にか知識を付けている頼もしい存在。今ではレディオキューブFM三重『雨漏り2時20分!』にレギュラー出演しています。

三重県にお住まいで雨漏りにお悩みの方に少しでも役に立てれば幸いです。お気軽にご相談下さい。

<水谷プロフィールはこちら>