屋根の劣化サイン

劣化カラーベスト

普通に生活していても、あまり見る機会がない屋根の上。
自宅の屋根の状態を把握できている方のほうが少ないかと思います。

しかし、どんな屋根にもメンテナンスが必要であり、適正な時期に工事を行わないと、傷みが酷くなり、屋根材の破損や雨漏りに繋がってしまうリスクがあります。

お家を建ててからどれくらいでメンテナンスが必要になるのか、屋根材の種類別でメンテナンスのタイミングも変わってきますので、まずは自宅の屋根がどんなものか確認してみましょう。

瓦屋根

瓦は屋根材の中で一番厚みや重みがあり、昔から使用されている伝統的な屋根材です。

現在は粘土瓦、セメント瓦、モニエル瓦などに瓦屋根を分類することができ、それぞれ異なったメンテナンス方法になるため、注意が必要です。しかし、屋根の専門家でなければ、瓦屋根の種類を見分けるのは難しいため、あなたのお家の屋根材がひとまず「瓦屋根」という事を知っておくことが大切です。

また、瓦は頑丈で、中でも粘土瓦は塗装の必要がないため、メンテナンスの必要性を感じないかもしれませんが、接着剤のような役割を果たす漆喰部分は年月をかけて徐々に雨風で崩れてきてしまうので、しっかりメンテナンスをする必要があります。

メンテナンス必要時期:築年数約10年
メンテナンスの目安:漆喰が欠けてきたり、ひび割れている。瓦の表面が凍結により欠けてきている。

瓦 凍害

凍害により表面がかけた瓦

漆喰劣化

経年劣化によりかけた漆喰

全体的に苔が生えているセメント瓦

全体的に苔が生えているセメント瓦

苔が生え始めているモニエル瓦

苔が生え始めているモニエル瓦

カラーベスト屋根(コロニアル・スレート)

カラーベスト屋根はセメント製の薄く平たい板の屋根材です。
コロニアルやスレートとも呼ばれ、近年建てられる新築のお家にはカラーベストが使われることが多く、瓦屋根に比べて屋根全体が平らでシンプルな見た目になります。

屋根材の中でもカラーベスト屋根は特にひび割れが起きやすく、屋根の頂点部分には棟板金と呼ばれる金属の板も取り付けられているため、ひび割れの補修や錆への対処、場合によっては屋根材の交換なども必要です。

メンテナンス必要時期:築年数約8~10年
メンテナンスの目安:表面が白っぽくなってきている。薄くコケが生えてきて黄緑色になっている箇所がある。

カラーベスト本体の劣化

カラーベスト本体の劣化

塗装が薄れてきているカラーベスト

塗装が薄れてきているカラーベスト

金属屋根

金属屋根は、経年劣化により錆が発生するものなので、定期的にしっかりメンテナンスを行わなければなりません。

昔から使われていたのはトタン屋根ですが、現在はガルバリウム鋼板と呼ばれる素材の金属屋根が人気で、トタンに比べて錆びにくいという大きなメリットはありますが、絶対に錆びないというわけではないので、気を付けなくてはいけません。

メンテナンス必要時期:築年数約10年
メンテナンスの目安:表面が錆びてきている

軒先が錆びている瓦棒

軒先が錆びてきている瓦棒

全体的に錆びている折半屋根

全体的に錆が出てきている折半屋根

アスファルトシングル

アスファルトシングルは他の屋根材に比べて耐久性が低く、台風などの強風で剥がれてしまうことも珍しくありません。

経年劣化により表面の石粒が剥がれてきたり、部分的にアスファルトシングルが剥がれてきたりしてきます。耐用年数は20~30年と言われていますが、約10年を目安にメンテナンスを心掛けましょう。

メンテナンス必要時期:築年数約10年
メンテナンスの目安:石粒が落ちてきている。部分的に剥がれている。

部分的に剥がれているアスファルトシングル

部分的に剥がれてしまったアスファルトシング

庭先に落ちたアスファルトシングル

台風で飛散し、庭先に落ちたアスファルトシング

早期対応で費用削減

お金

特に雨漏りなどの異常も起きておらず、下から屋根を見上げたら少し汚れているくらい、というように現状で困っていない場合は、屋根のメンテナンスをいつ行えば良いか悩んでしまうと思います。
現状自宅に何も起きていないからと言って、何もしなくていいわけではありません。

傷みが酷くなってきてから対応するよりも、「これから雨漏りなどの異常が起きてしまうかもしれない」という風に事前に対応したほうが工事費用も抑えることが出来ます。お家にかけるコストを抑えるためにも、屋根のプロに点検をお願いするなど検討してみてください。

この記事を書いた人

情熱リノベーション株式会社 雨漏り診断士 水谷  一真(みずたに かずま)1994年11月29日生まれ

生まれも育ちも三重県津市(白山町)です。小さな頃は野山を駆け回る野生児っぷりを発揮していたそうです。おかげで入社当初から屋根の上など高い場所に上るのはお手の物です。

情熱リノベーション期待の若手ホープです。勉強熱心で過去の数千件ある雨漏り修理実績や雨漏り原因を調べ、いつの間にか知識を付けている頼もしい存在。今ではレディオキューブFM三重『雨漏り2時20分!』にレギュラー出演しています。

三重県にお住まいで雨漏りにお悩みの方に少しでも役に立てれば幸いです。お気軽にご相談下さい。

<水谷プロフィールはこちら>