谷板金の穴あき『谷板金の雨漏り事例』

谷板金の穴あき

屋根の板金というとスレート屋根の棟板金を想像される方も多いと思うのですが、それら以外にもさまざまな部分に使用されています。中でも雨漏りの原因となりやすいのが「谷樋」や「谷板金」と呼ばれる部分です。
屋根の形状によっては谷板金が設置されていないお家もあります。ご自宅の屋根に谷板金が設置されているかどうか分からない方もいるのではないでしょうか。屋根にのぼるというリスクを冒さなくても判断する方法もありますのでご安心ください。

谷板金は屋根の形状や立地によっては全く見えないこともあります。雨水を集めるところでありながら、屋根の上にあって見にくい・見えない部分なので、目視での点検もほぼできません。なので、雨漏りの原因になりやすい部分ということです。

雨が多くなる梅雨や台風の季節の前に点検をしておけば、雨漏りのリスクを大幅に減らすことも可能です!

谷板金(谷樋)とは

屋根の上に雨樋としての機能を持った谷板金(または谷樋)と呼ばれる箇所があることをご存じでしょうか?一般的に雨樋というと軒先や外壁に取り付けられており、全部とはいかなくても、特定の部分は目視可能です。
しかし、谷板金は屋根の形状や立地によっては全く見えない場合もあります。雨水を集めるところでありながら、屋根の上にあり見にくい・見えない部分ですので目視での点検もままなりません。したがって、雨漏りの原因になりやすい箇所なのです。

この谷板金と呼ばれるものはすべての屋根に必ずしもあるものではありません。屋根の形状によってはほぼ明確に谷板金がある屋根とない屋根に分かれます。谷板金がある屋根は雨が多くなる季節の前に点検しておけば、雨漏りのリスクを大幅に減らすことも可能です。

谷板金の役割・特徴

谷板金は谷樋とも呼ばれることから分かるように、雨樋の機能を持った部分です。谷板金が設置されている面では屋根への降雨による雨水を谷板金へ集め、軒樋(多くは曲りの部分)へ排水します。排水された雨水は軒樋や竪樋を通じて下水などに排出されるわけです。

182c36fe

谷板金は屋根の面と面の取り合いの谷状になった部分に存在します。谷状になった部分に存在する板金だから「谷板金」、谷状になった部分に存在する樋だから「谷樋」と呼ばれます。

前述のように、屋根の上にあり、隠れるように谷状になっている部分なので、地上からは全く見えないことも少なくありません。排水のために雨水や雪が集中するように作られた部分ですので、板金も傷みやすく、雨漏りの原因になりやすい場所です。したがって、定期的な点検やメンテナンスが欠かせない場所でもあります。

谷板金があるかどうかは屋根の形状で決まる

屋根に谷板金があるかどうかはほぼ屋根の形状で決まります。シンプルな形状の切妻や寄棟、片流れのような屋根には谷板金はありません。

一般的な切妻屋根や寄棟屋根ですが、すべてがシンプルというわけではありません。完全な正方形や長方形のお家でない場合(上から見たらL字型やT字型など)、屋根に谷板金が存在する可能性があります。

FZDE2116
DJI_0169

また、屋根にドーマーと呼ばれる部分がある場合、ドーマーの屋根とお家の屋根の取り合いの部分が谷状になりますので、谷板金が取り付けられています。

DJI_0857

谷板金から雨漏りが起きる理由

IMG_1536

谷状になっていることで雨水が集まりやすくなっていることから、雨漏りしやすいというのは簡単に想像できるかと思います。

そもそも屋根の各種板金は雨水の侵入を防ぐために取り付けられているものです。谷板金の下にも防水シートは施されていますが、防水シートが劣化していたら雨水の侵入は防げません。雨漏りの原因となっている谷板金や谷板金周辺を修理し、防水シートも新しい物にする必要があります。

◆経年劣化による雨漏り

また、屋根にドーマーと呼ばれる部分がある場合、ドーマーの屋根とお家の屋根の取り合いの部分が谷状になりますので、谷板金が取り付けられています。現在の谷板金は錆びにくいガルバリュウム鋼板製やステンレス製のものがほとんどですが、やはり年月が経つと錆びてきてしまいます。錆が進行して穴が開けばそこから雨水が室内へ侵入し、雨漏りが発生します。

屋根の防水性が高いことから緩い勾配になっている屋根は要注意です。谷板金も屋根に合わせて緩い勾配となっているため、雨水が溜まりやすく、錆びやすいと言えます。

板金の素材

現在、板金といえば「ガルバリュウム鋼板」と言われるくらい、ガルバリュウム鋼板が基本のものとして使用されています。ですが、ガルバリウム鋼板が世の中に浸透するまで、特に昔の瓦屋根の谷板金といえば「銅板」が基本でした。

銅板は施工された銅の厚さによって、耐用年数に差が生じることがあります。通常、使用される銅板の厚みは0.27mm~0.5mmです。銅は施工された当時は茶色っぽい風合いなのですが、空気中の酸素によって酸化すると青緑色に変化します。この錆のこと「緑青(ろくしょう)」と言います。緑青から目立った色の変化はなくなります。

◆詰まりによるオーバーフロー

IMG_3592

谷板金は谷状になっていることから、雨水だけでなく枯れ葉や土、動物の排泄物など様々なものが集まりやすい場所です。
屋根材も谷板金に沿ってカットされているので、少しズレてしまうとゴミなどが引っ掛かりやすくなってしまいます。排水先の雨樋が詰まっていても雨水が溢れやすくなるのは言うまでもないでしょう。

雨樋は詰まってしまってあふれ出した場合でも、そのまま下に落ちるか、鼻隠しを濡らす程度です。谷板金の場合はあふれ出してしまうと、屋根材と谷板金の間に雨水が落ちていくことになります。室内側へ入りやすい状態になってしまうのです。
このようなオーバーフローは大雪で雨水が流れにくくなっているときや、ゲリラ豪雨時に発生しやすくなります。

谷板金の修理方法は全交換

谷板金が錆びてきたり、穴が開いてしまった場合の修理方法は「谷板金の全交換」です。部分交換も不可能ではないのですが、部分だけ既存のままですと、せっかく新しいものに交換した板金がもらい錆により劣化が早まる可能性があるのでオススメはできません。

また、部分修理ですと穴が開いたら交換、穴が開いたら交換、と繰り返していくうちに結果的に見れば費用も高くなってしまいます。
1度の工事で費用も抑えて安心感を得られた方がお客様にとっても良いことだと思います♪

御子様邸_210514_8

また違う金属同士を接触させると、その電位差(電気の流れやすさ)によって電飾(電気による腐食)が発生し、どちらかの金属が急激に錆びるということも起こりえます。

◆意外と大変な谷板金の交換、瓦屋根以外は高額になりがち!?

谷板金の交換はその部分だけ交換すればいいから簡単と思われがちですが、実はかなり大変です。

瓦屋根の場合は谷板金周辺の瓦を一時的にめくることができるので、そのまま交換できるのですが、その他の屋根は面単位で屋根材をめくっていかなければなりません。つまり1か所の谷板金を交換する場合、その両隣の屋根2面分の屋根材を剥がさなくてはいけなくなります。

屋根材を葺くときは下から上へと葺いていき、施工手順に従って順番に重ねていきます。解体するときは逆に上から下へと順番通りに外していきます。

スレートや金属屋根、アスファルトシングルなどの屋根材の場合、一度解体してしまうと再利用することは不可能です。瓦屋根以外で谷板金を交換するとなった場合は屋根カバー工法を選んだ方が費用が抑えられる場合も多いということを知っておいてください。

この記事を書いた人

情熱リノベーション株式会社 雨漏り診断士 水谷  一真(みずたに かずま)1994年11月29日生まれ

生まれも育ちも三重県津市(白山町)です。小さな頃は野山を駆け回る野生児っぷりを発揮していたそうです。おかげで入社当初から屋根の上など高い場所に上るのはお手の物です。

情熱リノベーション期待の若手ホープです。勉強熱心で過去の数千件ある雨漏り修理実績や雨漏り原因を調べ、いつの間にか知識を付けている頼もしい存在。今ではレディオキューブFM三重『雨漏り2時20分!』にレギュラー出演しています。

三重県にお住まいで雨漏りにお悩みの方に少しでも役に立てれば幸いです。お気軽にご相談下さい。

<水谷プロフィールはこちら>