太陽光パネルの雨漏り

太陽光パネル

太陽光パネルはせっかく「環境にやさしくエコになること」や、「電気代を節約できる」「余った電気が売れて収入を得られる」などのメリットがたくさんあるのに、「雨漏り」というワードを聞くと不安になりますよね。

このページでは太陽光パネルを取り付けてどういうときに雨漏りが起きるのかご紹介します。

太陽光パネルで雨漏りが起きる原因とは

太陽光パネルの金具から雨漏り

住宅用の太陽光システム、屋根に太陽光パネルを設置する前に、パネルを固定するための「架台」という金具を取り付けます。この架台を取り付ける際、ほとんどの太陽光システムは屋根材と防水シート、屋根の下地に穴を開けることになります。具体的には屋根の野地板と垂木に釘を打たなければならなくなります。

屋根に穴を開けるという工事は太陽光設備の設置の工程としては必須の工程になるので、穴を開けた箇所はしっかりと防水処理を行わなければなりません。この処理さえしっかりしていれば、雨漏りは通常起こりえません。

つまり、太陽光パネルを設置する業者には、太陽光設備のみならず、屋根に関しても正しい知識と技術が必要になります。それらのノウハウを持ち合わせていない業者が施工すると、雨漏りを起こすリスクが高くなってしまいます。

住宅の屋根材には瓦やスレート、金属屋根など様々な種類があります。屋根材の種類によってはそもそも太陽光パネルが設置できない場合もあります。それぞれに適した施工方法があるのに、屋根に関する知識がないために誤った施工を行うことによってトラブルに発展してしまう可能性もゼロではありません。太陽光パネルの施工業者には太陽光設備に関する知識だけでなく、屋根に関する知識も大事になってくるのです。

太陽光パネルからの雨漏りを起こさないための対策

パソコン

太陽光パネルを設置してくれる業者は数多く存在します。設置を検討している方は、多くある業者の中から知識と技術をきちんと持っている業者を選ばなくてはなりません。

そのためには、まず情報を収集することが大切です。設置の見積りを依頼する際も、複数の業者に見積りを請求し、比較検討してみましょう。これにより費用の相場や業者それぞれの特徴を知ることが出来ます。実際に取り付けを依頼した人から話を聞く機会があれば、詳しく聞いてみるのも良いかもしれませんね♪

情報を収集するときのポイントは以下のようになります。

保証制度がしっかり整っているか

太陽光設備は長年使用するものなので、アフターケアがしっかりしていないと、何かあったときに解決が難しくなります。保証内容や契約内容をきちんと確認するようにしましょう。

保証書

雨漏りが起こった際の責任はどうなるのかを確かめる

事前にトラブルが起きたときの対応について確認しておくことによって、雨漏りが起こったとしてもすぐに対応してもらうことができます。口頭ではなく文章にまとめておくことが重要です。

現場監督

施工について納得の行く説明をしてくれるかどうか

気になることを聞いてもわからないことが多い場合や、後で確認すると言っておきながら回答が返ってこないなど、業者とのやり取りの中で疑問に感じるような対応が見られたら、その業者には注意が必要です。

セールスマン

過去の事業内容を確認する

その業者の過去の事業内容を確認してみて、もし太陽光発電業界に入ってきたのが最近であれば、実績を持っていないということになります。

また、検討中に突然業者が訪問販売に来た場合、自分からアクションを起こさなくて済むので、情報収集をせずに軽い気持ちで依頼してしまうかもしれませんが、注意が必要です。

もし相場の費用よりも高い施工費用を要求されても、相場について知識がないと気付かない可能性もあります。もし施工後に雨漏りが起こって連絡しても、全然連絡が付かなくなったり、最悪の場合、事業撤退していたりなどの事態にあって泣き寝入り、という方も実際いらっしゃいます。

ペンギン スマホ

雨漏りが起きてしまった場合にすべきこと

上記のように対策をして、契約や施工を行っていたとしても、雨漏りなどのトラブルにあう可能性はあります。しかしあわてる必要はありません。保証内容がしっかりしていれば、業者に連絡するとすぐに対処してもらえます。まずは契約書や納品書などの保証の規約などを確認しましょう。そして、契約した業者の工事不備による雨漏りで生じた損害補償として修繕を求めましょう。

いつからどのように雨漏りが発生したのか、今はどのような状態なのかを記録しておくと、話が進みやすくなるのでオススメです。写真や動画などを撮っておくのも良いでしょう。

太陽光パネルからの雨漏り事例

「太陽光パネルを取り付けてから雨漏りが起きた」という方のお家に伺い、屋根の上を確認すると本来使われるはずのない金具が使用されていました。

葺いてある屋根材は「モニエル瓦」なのに、太陽光パネル取付のために使われている金具は「平板瓦用の金具」でした。
どう使っても納まりが悪くなる違う金具を無理やり施工している悪質な工事です。

全く違う金具を使用しているので隙間が多数できてしまっています。
太陽光パネルの金具は屋根の下地に直接止めるのでビスを伝って屋根裏に染み、雨漏りが起きてしまってるという事例です。

太陽光パネルからの雨漏りまとめ

雨漏りの発生にはさまざまな要因が関わってきます。たとえ信用できる業者でも、あくまで人の手で行う作業なのでミスも起こってしまうかもしれません。仮に雨漏りが起こってしまってもあわてずに、保証制度を活用して修繕してもらうことを前提に施工業者に連絡をとることから始めましょう。

この記事を書いた人

情熱リノベーション株式会社 雨漏り診断士 水谷  一真(みずたに かずま)1994年11月29日生まれ

生まれも育ちも三重県津市(白山町)です。小さな頃は野山を駆け回る野生児っぷりを発揮していたそうです。おかげで入社当初から屋根の上など高い場所に上るのはお手の物です。

情熱リノベーション期待の若手ホープです。勉強熱心で過去の数千件ある雨漏り修理実績や雨漏り原因を調べ、いつの間にか知識を付けている頼もしい存在。今ではレディオキューブFM三重『雨漏り2時20分!』にレギュラー出演しています。

三重県にお住まいで雨漏りにお悩みの方に少しでも役に立てれば幸いです。お気軽にご相談下さい。

<水谷プロフィールはこちら>