窯業系サイディング

窯業系サイディング
窯業系サイディングとは、セメントに繊維質を混ぜて板状に形成した外壁材のことです。
製造過程で窯の中で高熱処理されるため、窯業系(ようぎょうけい)と呼ばれています。
 
機能性、デザイン性に優れており、日本で使われる外壁のほとんどが窯業系サイディングです。
また、タイル調や木目調などのデザインやカラーバリエーションが豊富です。

窯業系サイディングのメリット

デザインが豊富

外壁材ラインナップ

窯業系サイディングは非常にデザインの自由度が高いです。
お客様の「こんな外壁に、こんな見た目にしたい」と思うイメージがあれば、窯業系サイディングはほとんどそのイメージに対応可能です。
洋風、和風、モダンなテイストはもちろん、木目調、レンガ調、石柄、タイル柄など豊富なデザインバリエーションから選ぶことができます。

費用が抑えられる

窯業系サイディングは他の外壁材より比較的初期費用が安いため、導入しやすい外壁材です。

サイディングボードを外壁に張り付けていく簡単な施工方法のため、多くの業者が施工可能で、人件費も抑えられます。
また工場で大量生産されているため、本体の価格も比較的安価です。

工期が短い

メーカーで生産されたサイディングボードという板を外壁の大きさにカットして壁に張り付けていくので、施工が簡単で工期は短めです。
職人による仕上がりの差が出る心配もありません。

窯業系サイディングのデメリット

メンテナンス頻度が高い

窯業系サイディングは外壁材の中でもこまめなメンテナンスや塗装が必要な外壁材です。
一般的な窯業系サイディングであれば約10年に1度は塗装が必要になります。
目安としては外壁の表面を手で撫でたときに手が白くなってしまったら、塗装が必要な時期だと思ってください。

窯業系サイディング自体には防水性がないため、製造時に塗料を吹き付けて出荷していますが、この防水効果は年月が経つにつれて薄れてきてしまいます。
防水効果が薄くなった状態で放置すると水が侵入し、外壁材内部まで腐食が起きてしまうので、定期的な塗装などのメンテナンスが必要不可欠になります。

それ以外にもサイディングボードにひび割れや浮きなどの劣化症状が見られるようであれば、塗装と一緒に補修しなければなりません。

目地コーキング

窯業系サイディング本体とは別に目地やサッシ周りのコーキングも5~10年に1度充填しなくてはいけません。
何も手入れをしないままだと、コーキングのひび割れから水が侵入して雨漏りが起きてしまう恐れがあります。

コーキングは太陽光の影響で痩せたりと劣化するため、日の当たる面、当たらない面によって劣化速度はバラバラです。
日光がよく当たる面を意識して確認するのが良いでしょう。

熱をためやすい

窯業系サイディングは蓄熱性があるので、熱を持ちやすい外壁材です。夏場になると外壁が熱を持ち、室内にまで影響するのでエアコンを使う頻度が高くなってしまいます。
これを防ぐために遮熱効果のある塗料を使用しての塗装工事を行うお家も近年増えています。

窯業系サイディングまとめ

窯業系サイディングのメリットである「デザイン性」、「費用面」、「耐火性」と特に重視したいと考えている方には、窯業系サイディングは非常に適した外壁材と言えます。
また、特に重視したい点がない場合も、多くの面で安定的に優れているという理由から窯業系サイディングがオススメできます。

一方、「断熱性」や「メンテナンスの頻度」を重視したい方にとっては、他の外壁材のほうが魅力的に思えるかもしれません。

この記事を書いた人

情熱リノベーション株式会社 雨漏り診断士 水谷  一真(みずたに かずま)1994年11月29日生まれ

生まれも育ちも三重県津市(白山町)です。小さな頃は野山を駆け回る野生児っぷりを発揮していたそうです。おかげで入社当初から屋根の上など高い場所に上るのはお手の物です。

情熱リノベーション期待の若手ホープです。勉強熱心で過去の数千件ある雨漏り修理実績や雨漏り原因を調べ、いつの間にか知識を付けている頼もしい存在。今ではレディオキューブFM三重『雨漏り2時20分!』にレギュラー出演しています。

三重県にお住まいで雨漏りにお悩みの方に少しでも役に立てれば幸いです。お気軽にご相談下さい。

<水谷プロフィールはこちら>