屋根塗装工事で雨漏り

縁切りされていないカラーベスト屋根

屋根塗装には必ず「縁切り」という工程が必要になってきます。一般の方にはなかなか馴染みのないワードですが、屋根の耐久性にも関わってくる作業ですので、屋根塗装をする前には縁切りについて知っておくことがポイントです。

縁切りの必要性

「縁切り」はカラーベスト、コロニアルなどの薄いスレート屋根の屋根塗装工事において非常に重要性の高い工程です。

屋根の隙間は雨水の出口

カラーベスト屋根断面図

屋根材には様々な種類がありますが、どの屋根も1枚1枚が重なり合ってひとつの屋根を形成しています。この屋根材が重なり合っている部分には少し隙間が生じます。実はこの隙間は屋根の内部に入った雨水を排出するという非常に大切な役割をもっています。

しかし、カラーベストのような薄い屋根材の場合、屋根塗装をすると屋根が重なり合った部分の隙間が塗料によって埋まってしまいます。
隙間が塗料によって塞がってしまうと雨水が屋根材の裏側に溜まってしまい、屋根材の下にある防水シートや野地板の劣化を早めてしまう恐れがあります。

そのため塗料で埋まってしまう屋根材の隙間は専用の道具で塗料を取り除かなければならず、その作業こそが「縁切り」なのです。

縁切りのタイミング

カラーベスト屋根

縁切りは屋根塗装工事が終わって塗料が完全に硬化した段階で行います。固まった厚みのある塗料に手作業で切れ目を入れていきますので、作業にはかなりの時間がかかってしまいます。

しかし、塗装をした翌日など、塗料が完全に乾ききっていない状態で縁切りをしたとしても、隙間付近の塗料が再度くっついてしまうので、縁切りの意味がなくなってしまいます。

この様な理由から、縁切りは塗膜が完全に硬化した状態で行うべきとされています。

縁切りに使用する道具

タスペーサー
タスペーサー施工

縁切りの工程ではカッターナイフや皮スキと呼ばれる専用の道具を使い、職人が隙間をひとつひとつ手作業で処理していきます。

そのため屋根の大きさによっても異なるのですが、30坪ほどの一般住宅の場合、職人2人がかりで丸一日作業を行わなければならず、非常に時間と手間がかかります。また、縁切りを行う際に屋根の上を移動するため、せっかく塗装した屋根の表面を踏んでいかなければなりません。

従来の縁切りの難点を解消するために、近年多くの塗装業者で採用されている方法が「タスペーサー」と呼ばれるものを使った縁切り作業です。

〇タスペーサーを使うタイミング〇
「縁切りは塗料が完全に乾いたタイミングで行う」と前述しましたが、タスペーサーは塗装の途中段階で使用する道具です。

まず、屋根塗装の基本的な流れは 屋根洗浄→下塗り→中塗り→上塗り という手順で行われます。
屋根洗浄が終わった後、最終的な仕上がりが良くなるようにシーラーなどの下地材を塗り、塗料の密着性が高まるようにしておきます。
この下塗りが終わったタイミングでタスペーサーを屋根材の隙間に差し込んでいきます。

タスペーサーを差し込んでおくと、この後の中塗りや上塗り際に塗料をタスペーサーで遮ることで隙間が塞ぐことを防ぎます。

タスペーサーを使用することで、塗料が乾いた後に手作業で隙間を設ける作業が不要になり、人件費や工事期間も省くことができます。

タスペーサーが使用できない場合もある

タスペーサーは「勾配が3寸に満たない緩勾配の屋根」「屋根材の隙間が元々4ミリ以上開いている屋根」などのケースでは使用することができません。

傾斜が緩やかな屋根にタスペーサーを使用すると、誤って屋根材を傷める恐れがあり、隙間が大きすぎるとタスペーサー自体が安定せず、結局従来の縁切りを行わなければなりません。

このように、どんな屋根でもタスペーサーが使えるというわけではないことを頭に置いておくと良いでしょう。

縁切りをしないリスク

ページ冒頭でも紹介した通り、屋根材と屋根材の重なり部分は雨が降った際に、屋根の内部に雨水が溜まらないような構造になっています。

棟板金から水が出てくる

こちらは縁切りが行われておらず、棟板金を解体するときにバールを差し込むと中から雨水が出てきた様子です。

屋根の内部に水分が溜まった状態が続くと、以下のようなトラブルが発生する恐れがあります。

屋根下地材の劣化

排水されない雨水が毛細管現象によりどんどん雨水を引き寄せ、屋根の下地材を腐食させる恐れがあります。

屋根の下地はルーフィングと呼ばれる防水シートが敷いてあるため、少々の水であれば下地材を腐らせたり、室内まで浸水したりすることはありません。

しかし、長時間雨水に晒されたルーフィングはやがて劣化により穴が開き、水分が屋根内部にまで達し、雨漏りに繋がってしまいます。

毛細管現象とは

毛細管現象

毛細管現象とは繊維と繊維のわずかな隙間を上下左右、重力とは関係なく液体が浸透していく現象です。普段の生活の中で例えるなら万年筆の仕組みや、水に部分的にしか浸けていないタオルが全面濡れている現象も毛細管現象によるものです。
これが屋根で起こるとルーフィングの繊維に水が染みわたり、野地板を濡らし雨漏りを起こすような結果を招いてしまいます。塗装工事を行ってから数年後に雨漏りを起こすというのは少なくありません。なぜなら、徐々に雨水が染みわたり野地板を通り天井にたどり着くまでに乾燥や雨染み作りの繰り返しが行われるためです。
雨が降らなければ気付きませんし、大雨後に気付き、その時点で屋根塗装のせいではないと勘違いが起きる為、原因が分からないケースもございます。

屋根の通気性が失われる

縁切りをしないと隙間が塞がれて、屋根の通気性が失われてしまいます。

そのため、屋根内部に水分だけでなく湿気もこもってしまい、腐食がさらに加速してしまいます。せっかく塗装を行ったとしても、縁切りを行わなかったばかりにこのような症状が起きてしまっては意味がありません。

縁切りは屋根そのものだけではなく、家全体を守ってくれる非常に重要な工程と考えて良いでしょう。

縁切り作業の費用

日本の住宅の平均的な規模である約30坪ほどの場合、タスペーサーは約1000個程度使用します。

タスペーサーという特別な材料を使う分、職人の手作業よりも費用が高くなるのでは?と感じた方も多いかもしれません。しかし手作業で行う縁切りは職人の手間賃と工期が増えるため、タスペーサーを使用した場合の約2~3倍の費用がかかってしまうのです。

つまり、費用面・作業面ともに従来より優れた工法がタスペーサー工法と言えるでしょう。

縁切り作業を行わない業者?

縁切りは屋根の耐久性に関わる重要な作業であるにも関わらず、縁切り作業を行わない業者も見えます。

 

〇なぜ手抜きされるのか〇
縁切りが省かれてしまうことがなくならないのは、「縁切り」という専門用語について理解していない方が多く見えるのが理由のひとつと言えるでしょう。縁切りという作業の存在すらわからなければ、工事前に縁切りについての確認ができるはずもないので、手抜き業者などは当たり前のように縁切りの工程を省いてしまうのです。

あるいは、施主様が縁切りを知っていて、見積りに縁切りの項目がないことを指摘しても「この屋根は縁切りが必要ない」と嘘をついて縁切り作業の不要性を主張してくる悪質な業者もいるかもしれません。

屋根塗装後の雨漏り事例

下地腐食

「屋根塗装工事を行ってから雨漏りするようになった」とお困りのお家で屋根葺き替え工事をさせていただくことになり、既存のカラーベスト屋根をめくると、中の下地が腐食していました。

縁切りが施されていなかったため、屋根の内部に雨水が溜まってしまい、防水シートもボロボロの状態でした。

屋根の一番先端部分(軒先)と面の一番端の部分(ケラバ)には特に雨水が溜まりやすく、腐食も起こりやすいです。

縁切りについてのまとめ

縁切りは屋根塗装という家の耐久性を保つために行われる工事のなかでも、特に重要な意味をもつ工程です。

屋根自体を守るだけでなく、室内に雨漏りを起こさないためにも必ず行っておかなければなりません。しかし、一般的にあまり名前が知られていない工程ということもあり、塗装業者から縁切りを省かれたまま気付かず、工事後に雨漏りが起きて初めて気付くという事例も起きているのが現実です。

この記事を書いた人

情熱リノベーション株式会社 雨漏り診断士 水谷  一真(みずたに かずま)1994年11月29日生まれ

生まれも育ちも三重県津市(白山町)です。小さな頃は野山を駆け回る野生児っぷりを発揮。おかげで入社当初から屋根の上など高い場所に上るのはお手の物です。

情熱リノベーション期待の若手ホープ。勉強熱心で過去の数千件ある雨漏り修理実績や雨漏り原因を調べ、いつの間にか知識を付けている頼もしい存在。今ではレディオキューブFM三重『雨漏り2時20分!』にレギュラー出演しています。

三重県にお住まいで雨漏りにお悩みの方に少しでも役に立てれば幸いです。お気軽にご相談下さい。

<水谷プロフィールはこちら>