ベランダのFRP防水について

防水工事について

防水工事とひとことで言っても、「ウレタン防水」「シート防水」「FRP防水」の3種類があります。このページでは「FRP防水」について紹介しています。

FRP防水とは

FRP防水はベランダなどの床にFRPシートを敷き、その上からポリエステル樹脂を塗布して防水層を形成する工事です。
FRPとはFiber Reinforced Plasticsの略称で、繊維強化プラスチックのことを指します。身近なところでは自動車や鉄道車両の内装・外装、浴槽などに使用されており、防水性が非常に高いです。FRPは防水性だけでなく、耐久性や耐熱性、耐候性も高いという特徴があります。

FRP防水は施工から7~10年ほど経過するか、表面に細かいひび割れ等が確認できたらトップコートを塗り直すか、FRPシートを補修することで耐用年数を延ばすことが出来ます。

施工のイメージ

【BEFORE】

【AFTER】

FRP防水のメリット・デメリット

メリット

・防水性が高い
・繊維強化プラスチックを使用しているため、衝撃に強い
・工期が短い

デメリット

・施工範囲が広いとひび割れが生じやすい
・紫外線に弱い
・費用が高い

繊維強化プラスチックの衝撃に強いという特徴は人が歩くベランダやバルコニーに適した防水工事と言えます。しかし、FRPシートの本質はプラスチックなので紫外線に弱いという傾向にあります。ですが、定期的にトップコートを塗り直すことでFRPシート本体に紫外線を当てないようにすれば、デメリットも解消されます。

作業の流れ(一例)

1.合板増し張り

2.ケレン清掃

3.プライマー塗布

4.下塗り・ガラスマット敷設

5.中塗り

6.トップコート塗り・完成

FRP防水のメンテンナンス方法

FRP防水の耐用年数は10~12年ほどになります。ウレタン防水と同じように表面に小さなひび割れ等が確認した際にトップコートを塗り直すことでFRP防水の寿命を延ばすことが出来ます。FRPシート本体は紫外線や雨水に弱いので、FRPシートを劣化させないためにトップコートの塗り直しが重要になってきます。

FRP防水について詳しく知りたい

    必須お名前

    例:山田 太郎
    任意フリガナ

    例:ヤマダ タロウ
    必須E-mail

    例:info@j-renovation.com
    任意電話番号

    例:059-271-7101
    任意郵便番号

    例:514-1113
    任意都道府県

    例:三重県
    任意市区町村

    例:津市久居野村町515-3
    必須ご希望の連絡方法 ご訪問お電話メール
    必須ご相談内容・ご質問