代表プロフィール

自己紹介動画

※音量に注意してご視聴くださいm(_ _)m

プロフィール

※母校である三重県立白山高等学校へ課外授業の講師として毎年お話に行かせてもらっています。 真ん中が私です(笑)

 

氏名:小河 光司(おがわ こうじ)
生年月日:昭和58年7月2日
血液型:B型(RH-)
家族構成:妻 長男 次男 長女

 

生い立ち

わたしは1983年7月2日に三重県津市(旧久居市)の病院で生まれました。

1

生まれてきてから今までずっと津市民です。

 

兄弟は6つ上の姉と二人兄弟です。

 

小学校に上がるまでの記憶で今も残っているのが、母親の目を離したすきに勝手にリンゴを切ろうとして左手の中指を包丁で切ってしまったという話です。

 

旧久居駅の裏口にあった病院に着いてから、お医者さんに「指がくっつかないかもしれない」と告げられた母が失神したという話です(‘;’)

 

今は完治してます。笑

 

 

少年時代

2とにかく毎日遊んでました。

 

花火やかんしゃく玉が大好きで車の下に隠して置いたりと…

 

よく近所では悪戯して。叱られていた記憶しかありません(+o+)  

 

唯一自慢できるのが夏休みのラジオ体操は

 

一回も休まなかったです。 笑

 

 

学生時代

勉強する意欲が出なかったのが不思議です(+o+) 

 

中3ぐらいから父親に寮の学校に行けとずっといわれていたのですが寮に行く=地元を離れる事が嫌だったので、地元の高校を受験することに決めました。

 

中学同様に高校生活も遊び中心でしたが卒業し、これと言って自分のしたい事や目標も見つからないまま社会に出る事となりました。

 

職人の道へ

18の時に地元の瓦店に就職した事をきっかけに職人の世界へ。

 

昔遊んでばかりいた友達もそれぞれ自覚を持つようになり、仕事という新しい世界で自分を成長していきます。昔は仕事が好きじゃなく友達が仕事の話をしていても興味がありませんでした。

 

社会に出たらいきなり遊ぶ回数も減り、私はみんなについていけないような気持ちだったので、毎日の仕事にも身が入っていませんでした。

 

19才の頃ある事がきっかけで真剣に努力しようという気持ちになり、今まで遊んでてばかりいた自分を変えていくことにしました。

 

そして毎日寝る前は明日の段取りや、工事の進め方を自分なりに考えていました。そして次の日に行動に移し勝手な事をするな!と親方によく叱られていました。

 

なので親方と別々で現場に行く時が楽しみでした。与えられたノルマより倍をこなすというノルマを自分の中で作っていました。

 

ほめられたいというよりか

 

親方に認めてほしいと思っていたんだと思います。

 

この仕事が自分は一番好きだ!!

今思えば最初から自分の好きな仕事に出会っていた様に思います。

 

昔は怒られることが多く、褒められたり、喜ばれたらと人1倍に喜ぶ性格です(笑)

 

独立願望

3ちょうどその頃は結婚もした時なので、将来が不安になりました。

 

独立して家族を養っていくと決めるまで時間はかかりませんでした。しかし根拠のない自信です。

 

もうひと押し自分の中で自信がほしかった ので、厚生労働大臣認定外壁施工士の資格を取ることに決めました。

 

実技は自信があったのですが、学科は自信がなかったので毎日現場から帰ってきたら机に2時間は向かっていました。そして合格したのをきっかけに独立をしました。

 

雨漏りを知る

独立してからの5年間は、新築の屋根や外壁を工事する建設会社の下請け業者をしていました。

 

その中でも新築だけでなく、リフォームの工事も発注頂く事があり、様々な経験をさせて頂きました。

 

ただ古くなってきたから直すといったリフォーム工事だけでなく、比較的年数が経っていない建物でも雨漏りがしてきたから直すという雨漏り修理といったリフォームがある事も知りました。初めて雨漏り修理の現場に行った工事初日は緊張していた事を覚えています。

 

現場に着き現場監督の方とお客様にご挨拶した時に感じたのは、お客様の大きな不安でした。お客様からすれば当時の私は20代だったので「若いのに大丈夫かな?」といった不安も、もちろんあったと思うのですが、何より「本当に雨漏りが直るのか?」といったお客様の不安をひしひしと感じ取る事が出来ました。

 

しばらくお客様と監督の会話を聞いていると「今まで何度か業者に雨漏り工事の依頼をしてきたが一向に雨漏りは直らない」といった内容でした。何回も雨漏り修理しても止まらないという事に疑問を感じたと同時に、雨漏りの再発を何度も経験している方にとっては「工事が始まる日でも不安がある」という事も知り衝撃を受けました。

 

雨漏りを止める

私たち自身、雨漏り修理といった観点での工事は初めてでしたが、お客様の不安を感じる内に何としても雨漏りを絶対に止める。という気持ちになっていました。

 

当時の私は早く綺麗に仕事を仕上げる事が1番だと思っていました。

 

それは今の変わらない部分ではあるのですが、大切な事は作業の1つ1つに意味があるという事に雨漏り修理を行う中で、本当に気付くきっかけとなりました。

 

そうした視点で今まで常識と思っていた作業手順を見直すと、ひと手間加える事で、さらに長持ちする事に繋がり、雨漏りを起こすリスクを下げる事にも気づきました。

 

自分の中での考え方が拡張したと思います。

 

また各材料の特質も学び理解を深める事で職人にもきちんと丁寧に教える事もでき、自分自身の技術の向上に繋がると確信しました。

 

1杯のカレーライス

「それ終わったら、ちょっと食べてって。」

 

なんと工事最終日にお客様がカレーを作って、出してくれたのです。

 

感激しました。当時は新築工事ばかりしていた事もあり、お客様と触れ合う機会もなくすごく嬉しかったです。こんなにも喜んで頂けるんだ。とただただ感動していました。

 

頂いたカレーを食べているとお客様が私に言いました。

 

「おにいちゃん、あんな狭い所よう体入ったな~。今回本当にちゃんと雨漏り止まるか心配やったけど、これだけ丁寧にしっかりとやってくれたら心配はないかな。ありがとう。」

 

何より最初に不安いっぱいだったお客様が「3度目の正直でようやく雨漏りが止まった」と工事後に喜んで頂けた時に、今まで感じたことの無い達成感を得る事ができました。

 

決意

 

お客様が見ていて当然ですよね。新築とは違い住んでいます。そして自分の家です。仮に他人が気にしないような所だとしても気になるはずです。大切な我が家を想う気持ちがある以上は当然の事です。

 

困っている方の役に立てる事がこんなにも嬉しいものだと感じたと同時に、最初の1回で雨漏りが直っていたらどんなに良い事だろうかと思った事が雨漏りを専門に活動していくと決めたいきさつとなります。

 

雨漏りには屋根、外壁、防水、板金、サッシ等、様々な発生原因がございます。雨漏りを修理する事によって、私たちがお客様に提供しているものは【安心・安全】です。

 

目に見えるものではありませんが「本当に頼んで良かった」と喜んで頂ける気持ちの元は、雨漏りがきちんと止まる事や、屋根修理などきちんとした安心や安全が確保されたからだと私は思います。

 

お客様が分からない技術的な不安、仕上がりの不安、工事に関するすべての不安を徹底的に取り除く事、きちんとした本来の仕事を行う環境を作る事。そして雨漏り修理、屋根リフォーム工事後に安心して暮らして頂ける仕事を提供する事。

 

雨漏り修理専門店の名に恥じない様に精一杯これからも情熱をもって雨漏りとお客様に向き合っていきます。