部屋や天井の壁に雨染みがでてきた

ご質問:部屋や天井の壁に雨染みがでてきた。

 回 答:100%というわけではありませんが、雨漏りの可能性があるので無料診断をおすすめします。

必ずしも雨漏りが今起こっているとは限らないが…

雨染みとは一体どういうものかというと、こんなものです。

この状態では雨漏りしていると誰が見ても分かる者だと思います。ただしここまで雨染みが広がっているのは1回2回の雨漏りで起きた訳ではありません。

 

次がこちらです。天井と柱の淵に雨染みが出て来ているのは雨漏りの可能性が高いです。

上の写真は通し柱といって1階と2階のハリを通して繋がった柱から雨が伝ってきています。1階和室リビングだったので天井裏の確認が部分的にしか行えませんでしたが、雨の伝った跡は天井内の柱でも確認がとれました。

また室内の壁は繊維壁といって昔流行った内壁です。手で触るとキラキラした粉が付く壁ですね。こちらは雨漏りにより、中の土壁まで傷んでいる状態でした。ここまでが雨の出口となります。

では雨の入り口はどこだったのか?「2階の壁際に散水試験を行った結果、雨染みが現れました。」壁際とは屋根と外壁が交わる箇所かを云います。風を伴う雨の吹込みにより雨の侵入が起こっていたのです。

染み=雨漏りなの?

実は意外なことに一概にそうは言えません。その中で多いケースが以前に雨漏りを起こしたことが有り、その時に修理をしている、しかし、雨漏りは直したけれども部屋のクロスや壁を新品に変えてないケースです。

その当時の雨漏り修理で雨漏り自体収まっていても以上は染みは消えていませんよね。

すると強い雨や台風が来ると以前の染みが広がって来ている様に見えてしまい「なんだか雨染み広がってない?また漏れてきたんじゃ…」とご不安になってしまうわけです。

もちろん、本当に同じ場所から雨漏りしているケースもありますが、いずれにしても、雨漏り調査する事により原因は突き止められます。

精神衛生上も悪いので、無料診断をぜひともおすすめしたいケースです。お待ちしております(^^

無料診断はこちらから お問合せはこちらから