雨漏り2時20分!「悪徳業者がよく利用する手口の話」

今週もレディオキューブ FM三重、Radio Flapperの「雨漏り2時20分!」聴取ありがとうございました📻
いきなり点検にくる業者には注意しましょう🙅‍♂️
来週もよろしくお願い致します🖐

今回は「屋根リフォームの悪徳業者がよく利用する手口」についてご紹介します。

 

屋根という普段見えない箇所、自宅とはいえ状況を把握できていない方がほとんどだと思います。

だからこそ「今ならお安く修理しますよ」とか「今すぐ工事しないと危ないですよ」とかその場で契約までいこうとする訪問販売業者が多いんです。

訪問販売の業者が全て悪いというわけではないんですけど、

消費者トラブルが多いのが訪問販売であるということには間違いないんですね。

 

まず1つ目のよくある手口が「この近所を無料点検で周っていまして。今なら無料で屋根の点検を行いますよ」

ここで「無料なら」と気軽に業者を屋根の上にあげてはいけません。

自宅ではない別のどこかの瓦が割れている画像を見せてきて「修理したほうがいい」と言ってくるんです。

最悪の場合、何も悪いところがないのに、わざと瓦を割って「割れてました」とかいうケースもあります。

2つ目のよくある手口は、「○○のものです。定期点検にきました」とハウスメーカーを装って、

点検という名のでっち上げ悪い箇所ありました報告をしにくるケースもあります。

3つ目のよくある手口は「近くで工事を行うことになりまして、ついでなので屋根の無料点検どうですか?」と工事の近隣挨拶を装うケースです。

ご近所さんが工事を依頼した業者なら、と信用してしまう人も多いですよね。

しかし!本当に近隣挨拶なら誰さんの家でどんな工事するかとか、工事でどんな影響が近隣にあるのかとか説明する程度で、点検の話をするようなことはありません。

 

まとめますと「いきなりきて点検をうたってくる業者は信用してはだめ、屋根にあげてはいけない」ということです。

我々情熱リノベーションも点検は行っておりますが、決して知らないお家に点検どうですか、と訪問することはありません。