雨漏り2時20分!「雪で変形した雨樋から雨漏りの話」

今週もレディオキューブ FM三重、Radio Flapperの「雨漏り2時20分!」聴取ありがとうございました📻
雨が降らないと気付きにくい箇所に注意!
来週もよろしくお願い致します🖐

 

この冬が終わろうとしてる時期の大雨で変化に気付きやすいことがあります。

「あれ?ここ屋根から直接雨落ちてきてない?」と。

そうなんです。雨樋に雨が入らないようになってしまっているところが出てきます。

なぜこんなことが起きてしまっているのか!?

 

ずばり雪です。雪のせいです。三重県だと北部の方に多い現象だと思います。

冬場、雪が降ります。屋根や雨樋に積もります。

屋根に積もった雪がどさっと落ちてくるとどうでしょう。

雪が落ちた地面を見て「危ないなぁ」と多くの方は思うのではないでしょうか。

しかし!大変なことは下で起きてるんじゃない!上で起きてるんだ!

はい。雨樋の変形が起きてます。最悪の場合雨樋が破損してます。

破損してたら真っ先にお気づきになられるかと思うんですが、

変形だとなかなか気づきにくいです。

雪で雨樋が変形してしまって屋根の上を流れてきた雨が雨樋に入らず

飛び越えてしまったりしまうわけなんですねー。雨樋変形してしまって雨封鎖できません!

というわけで雪で変形した雨樋がないか、雨樋はちゃんと雨樋として機能しているのか。

雪がどさっと落ちた箇所の上を見上げて確認してみてください。お願いします。

また今週末から来週にかけて結構雨続きになる予報です。

雨が降っていて初めて気付けることも多いと思うので雨樋を気にかけてあげてください。

気付かずに結果放置してしまうと鼻隠しといった雨樋の金具がついている部分の腐食等に繋がってしまうこともあるので気を付けましょう!