雨漏り6時12分!「増築部の雨漏りの話」

今週もレディオキューブ FM三重、ゲツモクの「雨漏り6時12分!」聴取ありがとうございました📻
増築する際はお気をつけ下さい☔️
来週もよろしくお願い致します🖐

 

お家が手狭になったり、洗濯物干すスペースを確保したいとなったときに

部屋を延長したり、サンルームを設けたりする方も多く見えるかと思います。

ですが、増築を行うということは建物に継ぎ目を作るということになります。

継ぎ目というのは屋根でも外壁でも非常に雨漏りのリスクが高い箇所です。

増築を行う際は万が一雨漏りをはじめとしたトラブルに

きちんと対応してくれる業者探しが大切になってきます。

 

増築で雨漏りの原因になるのが元々あった雨樋部分が

増築部の屋根裏に来る、とかですかね。

お客様のお家へ伺って、「ここから増築してるんですー」と聞いて

屋根裏のぞいたら雨樋がこんにちはすることもたまーにあります。

これは何らかの影響で雨樋に異常が起きたら一発で雨漏りになってしまうケースです。

既存の屋根に新しい屋根が差し掛かるような増築の場合は気を付けてください。

 

最近よくお問合せ頂くケースとしてサンルームへ入る掃き出し窓から

雨漏りが起きているというものがあります。

サンルームといえば外壁の中腹あたりからテラス屋根を延ばしてきて

日光を取り入れる部屋なんですけど、原因がテラス屋根の付け根と思われることが多くあります。

確かに新しく作ったところが原因っぽく思えるんですけど、

実は原因はその上の外壁沿いにある可能性のほうが高いです。

サンルームがなかった頃というのは、そこは屋外なので気付けないのが普通です。

いわば外から外壁の中に入って、外壁から外へ出ていく雨というのが結構あるんですよ。

なので、元々は屋外の雨の出口の箇所にサンルームを作ることによって

サンルームの中に雨漏りが起きてしまう、というパターンがあります。

 

増築は快適を求めて行うものなのに、快適の中に不便が混じってしまうと嫌ですよね。

工事の保証期間も大事かもしれませんが、保証内容のほうもきちんと確認するようにしましょう。