セキスイかわらUのメンテナンス方法

「セキスイかわらU」は1970年から2007年にかけて製造販売されてきた、セキスイルーフテック(現:積水屋根システム株式会社)の代表的な屋根材でした。セキスイかわらUはなぜ使われなくなったのでしょうか。また、セキスイかわらUのメンテナンスはどのような方法があるのでしょうか。

セキスイかわらUとは

セキスイかわらUはスレート屋根材に分類される、リフォーム用に作られた屋根材です。「かわら」という名前のとおり、粘土瓦を模した形をしています。セキスイかわらUの大きな特徴は「瓦と同じ形状でありながら、軽くて強い」です。粘土瓦ではできない「瓦でのカバー工法」を使ったリフォームが可能でした。

セキスイかわらUはその製造時期により2つの世代に分かれます。

アスベストを使っている世代

製造開始の1970年から1990年8月より前までに作られたセキスイかわらUは重量比で15%のアスベストが含まれていました。そのため、耐久性や耐熱性に優れていました。

アスベストを使っていない世代

アスベストの規制が進んだ1990年8月からはアスベストを含まない、ノンアスベストのセキスイかわらUが製造販売されました。

ノンアスベストのセキスイかわらUの問題点

ノンアスベストのセキスイかわらUの問題点は大きく3つあります。

経年劣化で割れやすい

ノンアスベストのセキスイかわらUは柔軟性がないため割れやすく、破片が落下することもあります。また、「特定の場所が割れやすい」ではなく、瓦のあちこちで割れが起こります。

水分を含みやすい

割れたところから雨水などが入り込むことで、屋根材の内側から劣化が進んでしまいます。

表面の塗装が剥がれやすい

一般的に屋根材の表面の塗膜は年月とともに劣化して剥がれていきます。しかし、ノンアスベストのセキスイかわらUは塗膜の剥がれが起きるまでの期間が短いのです。

アスベストを含むセキスイかわらUは「アスベストを使っている」という点を除いて大きな問題はありませんでした。しかし、ノンアスベストのセキスイかわらUは築年数が進むにつれて問題が出てきました。

問題が後から出てきた理由は「ノンアスベストのスレート屋根材の販売実績がなく、ノンアスベストのセキスイかわらUにどのような問題が起きるかが分からなかったため」です。

セキスイかわらUのメンテナンス

アスベストを使っているか否かでセキスイかわらUのメンテナンス方法が異なります。

アスベストを使っている

アスベストを使っている屋根材のときはカバー工法が適しています。これは、アスベストを含む資材を撤去するときにはアスベストが飛び散らないようにしなければならず、また、処分するときにも費用がかかるためです。

カバー工法なら、今ある屋根をそのままにしておいて新しい屋根材を重ねるため、アスベストへの配慮が要りません。

アスベストを使っていない

ノンアスベストのセキスイかわらUを使っているときはカバー工法、葺き替えのいずれかとなります。どちらの方法が良いかは事前の調査の結果によります。

塗装は適さない

「ノンアスベストのセキスイかわらUが割れやすく、表面が剥がれやすいのなら、塗装すればよいのでは?」と思われるかもしれませんが、塗装は適さないのです。

塗装のときは事前に高圧洗浄機で屋根の汚れを落としますが、このときの水圧で屋根材の「塗装の剥がれ」や「割れ」が進んでしまうことがあります。また、屋根材自体の強度が弱いために塗装をしても短期間ですぐに塗装が剥がれてしまいます。これでは塗装をしても意味がありません。

アスベストが含まれているかどうかを確かめる方法

「セキスイかわらUが使われているけれど、アスベストが含まれているかどうかが分からない」といった方もいらっしゃるかもしれません。特にアスベストを使わなくなった1990年8月前後に屋根のメンテナンスなどをしたときはアスベストが含まれているかどうか不安になるでしょう。

このようなときは私たちがノンアスベスト商品かどうかを確かめる事ができますので、お気軽にお問合せ下さい。

セキスイかわらUのメンテナンスについて詳しく知りたい

    必須お名前

    例:山田 太郎
    任意フリガナ

    例:ヤマダ タロウ
    必須E-mail

    例:info@j-renovation.com
    任意電話番号

    例:059-271-7101
    任意郵便番号

    例:514-1113
    任意都道府県

    例:三重県
    任意市区町村

    例:津市久居野村町515-3
    必須ご希望の連絡方法 ご訪問お電話メール
    必須ご相談内容・ご質問