三重県津市の雨漏り・屋根リフォーム専門店。
完全自社施工とトリプル保証で大事な家をお守りする情熱リノベーションです。

お電話のご相談・お問合せ

三重県 中南勢地域
0120-246-194
三重県 北勢地域
0120-246-195

受付:8:00〜20:00 土日祝日も対応します!

三重県津市の雨漏り・屋根リフォーム専門店。
完全自社施工とトリプル保証で大事な家をお守りする情熱リノベーションです。

外壁張替え工事

既存の外壁材を解体撤去し新たに外壁材を張る工事

外壁リフォームの中には「外壁塗装」「外壁カバー工法」「外壁張替え工事」というものもあります。今回【外壁張替え工事】についてご紹介したいと思います。外壁張替え工事とは、その名の通りに既存の外壁材を解体撤去し、新たに外壁材を張ることを言います。

施工イメージ

施工イメージ
古く傷んだ既存の外壁。
矢印 矢印
施工イメージ
既存の壁は撤去します。
矢印 矢印
施工イメージ
撤去して新たに壁材を張ります。
before 矢印矢印
after

外壁張替え工事として、最も多く選ばれる外壁材が「窯業系サイディング」といった、現在新築の8割に使用されている外装材です。
窯業系サイディングとはセメント材を中心に作られている外壁材です。一昔前はモルタル壁の建物が多かったのですが、モルタル壁に変わり新しく出てきたのが、窯業系サイディングです。モルタル壁との違いを少しご紹介します。

まず窯業系サイディングは外壁材のサイズが統一化されていることにより、施工技術の簡略化。工期の安定化。材料など数量の拾い出しが行いやすい。何よりも現在は【通気工法】と呼ばれる工法により施工されていることが多いので、一昔前の【直貼り工法】に見られる外壁の結露や、雨漏りを引き起こしやすい問題が無くなりました。

また【金具留め通気工法】といって外壁材を直接、釘で留めず専用金具を使い固定することで、外壁の割れ、ヒビの多発を防ぐと共に、釘跡が目立たない美観の向上も実現されています。

それでは、窯業系サイディングの外壁張替え工事のメリット・デメリットをご紹介します。

外壁張替え工事のメリット・デメリット

メリットメリット

  • 通気工法に変えられることから、結露や汚れの問題が解消され建物が一新される
  • さまざまな外壁材の柄や色を選ぶことができる
  • 新築同様、きれいになる
  • 持ちが非常に良い(長く使える)
  • 住みながらのリフォームが可能、騒音もかなり抑えられる
機能性
耐久性
美観性

など、機能性・耐久性・美観性といった三拍子が外壁張替え工事にも備わっています。新築戸建のほとんどは今はデザイン性の高い窯業系サイディングが使われています。もちろんデメリットもあります。

デメリットデメリット

  • 塗装や外壁カバー工法と比べるとどうしても割高になる
  • 既存の外壁を剥がすため、天候への配慮が必要
  • 構造の理解など、知識/ノウハウが必要
コスト高
天候への
配慮
知識/
ノウハウ
が必要

特に3つ目が大事です。建物の構造を理解していなければ、【納まり】といって外壁張替え工事の仕上げ方が不十分なものになると、見た目だけでなく、本来の機能性も落ち、雨漏りの要因となる実例も見てきました。

外壁カバー工法とも繋がるのですが、ただ張ればよいという訳ではなく、きちんとした知識・経験を持った職人が施工を行わなければ、上記のような弊害が起こってしまいます。


外壁張替え工事
費用感と工期について

外壁張替え工事費用
(サイディング撤去の場合)
1㎡辺り
6,000円〜
工事期間
約3週間
(天気の都合含め)

外壁張替え工事の流れ

01

外壁解体

電気のメーターBOXやガスメーターなど外壁に取り付けられた部材を撤去し終えたら、既存のサイディング壁を解体していきます。手順としては外壁の繋ぎ目やサッシ周辺、軒天といった天井廻りのコーキング材(防水材)を撤去し、釘抜きなどの工具を使い、上から順に1枚1枚解体していき、元々張ってある防水シートまで撤去を行います。

02

下地工事

全ての既存サイディング、防水シートの撤去が終えれば、新たな防水シートを張ります。現在の防水シートは透湿防水シートといって雨水など水分は通さずに、湿気は通す機能を持った防水シートを張ります。そして新たなサイディング壁を張る下準備として土台水切りなどの外壁下地材を取り付けていきます。

03

下地完了

次に胴縁(どうぶち)といって木の下地材を取り付けます。この胴縁に対してサイディングを固定するための金具を取り付けていきます。サイディング壁を横に張っていく場合は胴縁を縦に、サイディング壁を縦に張っていく場合は胴縁を横に留め付けていきます。

04

本体工事

下準備が整えば、サイディング壁を下から順に張り上げていきます。サイディング壁を張る前に大切な事は材料の割り付けや、目地といった繋ぎ目をどこに入れるかです。目地が不適切な場所に入ると将来の雨漏りなどのリスクに影響してきます。そうしたさまざまなことに気を付けながら施工していきます。

05

本体工事完了

サイディング壁の本体工事が完了しました。窯業サイディング同士の繋ぎ目やサッシ窓廻りといった開口部周辺や軒天には防水工事が必要となります。防水工事のことをコーキング工事やシーリング工事と呼んだりもします。
ここではコーキング工事と呼ばせてもらいます。

06

コーキング工事の下準備

コーキング材を【目地】といった場所へ充填するために養生テープを張っていきます。養生テープを張り終えたらコーキングを充填する箇所(養生テープの間)にプライマーと呼ばれる透明の液体を塗っていきます。重要な役割を果たすプライマー。役割はコーキングの切れ防止や2面接着といった効果があります。

07

コーキング工事完了・補修仕上げ

最後に養生テープを剥がし完了です。綺麗に仕上がりました。コーキング材は固まるまで、とても柔らかい商品です。最低3日間はコーキング箇所には触らないように注意です。また最終の仕上げとしてコーキングのテープを撤去した際に剥がれたサイディング壁の表面や施工時に傷がついてしまった箇所などの補修を行います。

08

各部材の復旧

外壁解体時に一時的に撤去した、電気のメーターBOXやガスメーター、給湯器等様々な外壁に取り付けられていた部材の復旧を行います。自分たちだけで復旧できない部材もあるので各協力業者の力を借りて元通りに戻す作業を行います。

09

工事完了

足場が解体され、無事に外壁張替え工事の完了です。以前はアクリル系塗膜のサイディング壁でしたが、今回は無機系フッ素塗膜の高耐久が期待されるサイディング壁へと張り替える事が実現できました。今回は外壁のデザインも変わり、高級塗膜のサイディングに満足していただきました。

お客さまのご事情に応じ
工事方法をご提案します

家の状況、コスト、期間、近隣の状況など、さまざまな要因により選択できる工事も変わってきます。お客さまのご状況をお聞かせいただければ、最適なプランをご提案いたします。

まずは無料屋根診断
皆さまの不安をお聞かせください。
矢印