雨漏り6時12分!「雨漏りの条件の話」

今週もレディオキューブ FM三重、ゲツモクの「雨漏り6時12分!」聴取ありがとうございました📻
YouTubeのチャンネル登録もお願いします🙇‍♂️
来週もよろしくお願い致します🖐

 

実際に雨漏りが発生したときに意識して頂きたいのが、

屋根の上などに上るのは危険なので室内だけでできる対応、バケツ等で水を受け止めるとかですね。

それとどんな状況で水が室内に出てきているか、というのが大事になってきます。

 

雨の量や風向き、雨漏りが起きるのは雨が降り始めてすぐなのか、

少し時間が経ってからなのか、という状況が分かると雨漏りの原因を特定しやすくなります。

例えば雨の量、小雨では漏らないけど、大雨だと漏れる場合。

というのは屋根裏や壁の中、どこかに一度貯まって限界を迎えたら室内に出てくるということが考えられます。

土葺きの瓦屋根なら土が水を吸ってくれる許容範囲を超えたら雨漏りになる、とかです。

 

風向きによって雨漏りするしないの場合は雨漏りが起きた時に

強風が吹いているかどうかを確認してください。風向きまでは把握しなくてもOKです。

普通の雨で雨漏りが起きないとなると横から吹き込んで雨が入っているのか、

はたまた巻き込んで下から入りこんでいるのか、などが考えられます。

 

雨漏りが起きた際に室内での対応も大切なんですけど、

雨漏りを発見した時の雨の状況をメモ等していただくと調査等もスムーズにできるので

軽く書き留めていただければなと思います。

以上のメモも「出来れば」のことなので情報がなければ調査できませんというわけでもないのでご安心ください。

よくお家を中古で購入したからこの雨漏りがいつからのものなのか分からない、とか

物置部屋にしてたので気付いたら雨染みがあった、というお客様もいらっしゃります。

そういった場合にも1から丁寧に調査致しますので、1度でも雨漏りが起きて放置しているという方、

勝手に雨漏りが直るということはないので、まずはご連絡下さい。お待ちしております。