雨漏り6時12分!「戸袋・シャッターボックスからの雨漏りの話」

今週もレディオキューブ FM三重、ゲツモクの「雨漏り6時12分!」聴取ありがとうございました📻

戸袋の中も注意が必要です⚠️ 来週もよろしくお願い致します🖐

 

戸袋というのは窓の横からガラガラと出してくるタイプの雨戸を収納しているところ、

シャッターボックスは窓の上からガラガラと閉まるシャッターを収納しているところになります。

2つとも窓を雨風から凌ぐためのものですね。

 

この戸袋とシャッターボックスの中から雨漏りがするということがありえるんです。

どちらもサッシ周りから漏れてくるんですけど、

漏れてきたときに雨戸やシャッターが閉まっていたか開いていたか、というのが大きく関係してきます。

 

戸袋の雨漏りの場合は戸袋の中の外壁に亀裂が入っていたりしてて、

シャッターボックスの場合も、シャッターボックスの中の壁が捲れていたりで普通では

目視も出来ないのでなかなか異常が起きていても

室内に水が出てこない限り気付けない原因ではあると思います。

 

戸袋もシャッタボックスも、開けるのは少し手間が必要になってくるんですけど、

ちゃんとした手順を踏めば開けたのちに元に戻す事ができるので中を確認することもできます。

しかし、古いお家の場合は雨戸の戸袋が木製のこともあります。

木製の戸袋は開けて中を確認して元に戻すことはアルミ製の戸袋のようにはできません。

 

木製の戸袋で戸袋の中が原因で雨漏りしている場合は、

中をきちんと処置したうえで、アルミ製の戸袋への交換となります。

サッシ周りの状況にもよりますが、戸袋を外してしまって、シャッターボックスへの交換という手段もあります。

 

戸袋やシャッターボックスの中から室内へ漏水することもある、ということを覚えてもらうことで

ひとつモヤモヤが解消されることもあるかもしれませんね。