『屋根改修工事』三重県津市白塚K様邸施工事例

工事

工事を開始します。(調査時の写真となります。)

解体

既存のストレート瓦、防水シートを解体撤去していきます。

解体

瓦を撤去しました。

工事

防水シートを貼っていきます。

防水シートは裏が粘着になっており、貼り付け数時間で強固な粘着力と防水効果を発揮します。

工事

防水シートを貼りました。

解体

一部分の既存のストレート瓦(写真中央)を解体していきます。

工事

新たにストレート瓦を施工し、軒先(写真中央)に水切りを施工しました。

工事

防水シートを貼りました。

工事

軒先より屋根材【ルーフタイルグループジャパン セネター】を葺きました。

使用する屋根材は、超軽量なので耐震性に優れ、色あせや塩害にも強い耐候性を持ち「材料品質保証30年と美観保証10年」の屋根材になります。

次に棟板金(写真中央左側)、棟包み(写真中央右側)を施工します。

ジョイント部分にはしっかりコーキング材で接着させます。

工事

アンテナを復旧しました。

工事

屋根と外壁の取り合い部分には雨押え板金を施工しました。

(写真中央)

工事

突風板金を施工しました。(写真中央屋根手前端)

完了

屋根改修工事が完了しました。

工事のご依頼有難うございました!