『屋根改修工事』三重県津市T様邸施工事例

工事前

工事を開始します。(調査時の写真となります。)

解体

棟板金を解体しました。

工事

軒先水切りを取付けました。

工事

防水シートを貼り、ケラバ水切りも取付けていきます。

工事

軒先より屋根材【ルーフタイルグループジャパン セネター】を

葺いていきます。

超軽量なので耐震性に優れ、色褪せや塩害にも強い耐候性を持ち

「材料品質保証30年と美観保証10年」の屋根材となります。

工事

屋根材が張り終わりました。

次に、ケラバ水切りにシーラーを貼っていきます。

工事

上からケラバ包みを取付けます。

板金

雨押え板金を取付けました。

工事

換気棟を施工しました。

 

工事

屋根材で使用されているストーンチップをかけ、屋根になじませます。

完成

屋根の施工が完成しました。

防水

新しい幕板板金を取り付け、防水処理を行います。

工事

プライマーを塗布していきます。

プライマーとは、下地と表面に塗るコーキング材との

接着及び密着性を高めます。

防水

防水処理が終わりました。

屋根改修工事が完了しました。

工事のご依頼有難うございました!