三重県津市垂水 S様 屋根葺き替え工事【デクラ屋根システム・セネター】

物件情報

工事のきっかけ ホームページを見て
工事内容 屋根葺き替え工事
使用材料 <屋根>デクラ屋根システム セネター
築年数 44年
リフォーム回数  
工事場所 三重県津市垂水
工事金額  
安心保証内容 工事10年保証
10年間無料アフターメンテナンス

診断写真

施工前の様子です

隅棟板金の破損が確認できます。

アンテナの破損が確認できます。

屋根材の塗膜が剥がれ、基材が見えている状態なので屋根材の劣化の促進につながります。

ただいま工事中!

工事完了です。

仕上げにトップコートを塗布していきます。

ウレタンを塗布していきます。(2回目)

ウレタンを塗布していきます。(1回目)

プライマーが乾いたら、絶縁シートと脱気筒を施工していきます。

その上にプライマーを塗布していきます。

モルタルが乾いたところに樹脂ノロを塗布していきます。

陸屋根にひび割れがあるのでモルタル補修します。

玄関庇を屋根材(たてひら)で葺いていきます。

雨樋の取付けが完了しました。

軒樋、竪樋を取付けます。

破風板に板金でカバーし、軒樋の受け金物を取付けます。

換気棟の取付けが完了しました。
換気棟は外気と内気との温度差を無くし、湿気を含んだ空気を停滞させないために取付けます。

換気棟を取付けていきます。

棟包みを取付けます。

隅棟に下地を取付けます。

屋根材(セネター)が全面葺き終わりました。

1面葺き終わりました。インターロック工法でしっかりビスで固定するので、風速約70m時の風圧に耐える非常に強い屋根材となっています。

屋根材(セネター)を葺いていきます。屋根材の固定方法は釘ではなく、専用のビスで固定していきます。(インターロック工法)

屋根材(セネター)を葺いていきますが、その前に軒先に役物を取付け、屋根材を葺くための、張り出しのラインを引きます。

ルーフィング(防水シート)を全面に張りました。

ルーフィング(防水シート)を構造用合板に張っていきます。

下地を解体後、構造用合板を張っていきます。

下地を解体していきます。

スレート屋根を解体します。

隅棟の下地を解体します。

隅棟板金を撤去していきます。