三重県津市河芸町 N様 屋根カバー工法【デクラ屋根システム・セネター】

「家庭ゴミカレンダーをみて連絡しました」

物件情報

工事のきっかけ ゴミカレンダーをみて
工事内容 屋根カバー工法
使用材料 <屋根>デクラ屋根システム セネター
築年数 築30年
リフォーム回数 1回
工事場所 三重県津市河芸町
工事金額 200万円
安心保証内容 工事10年保証
10年間無料アフターメンテナンス

お客様の声

今回、工事を依頼されるまで、どの様な事でお悩みになられていましたか?

2Fの天井にしみがあり雨もりを心配しました

当社を選んで頂いた理由をお聞かせ下さい。応援メッセージでも嬉しいです。

家庭ゴミカレンダーをみて

診断写真

経年変化及び経年劣化により、屋根の開きが確認できます。

棟板金を留めつけている釘の錆びや抜けが確認できます。

ただいま工事中!

着工前

完了

着工前

完了

既存の棟板金を解体していきます。

釘を外して棟板金を解体していきます。

棟板金の下にある木下地を解体していきます。

棟板金・木下地の解体完了しました。

今回使用する金属屋根材はデクラ屋根システムのセネターです。

軒先に水切りを施工していきます。

ジョイント部分にコーキングを使用していきます。

粘着ルーフィングを貼っていきます。

下から順番に貼っていきます。

谷の部分にも捨貼り粘着ルーフィングを貼ってていきます。

粘着ルーフィング完了しました。

軒先・棟の墨だし完了しました。

今回使用する金属屋根材はデクラ屋根システムのセネターです。
まず1段目から施工していきます。

1面が施工できました。

谷の部分を施工していきます。

全面屋根材が施工完了できました。次に隅棟を施工していきます。下地に防水シーラーを貼って施工していきます。

ジョイント部分にコーキングをしていきます。

隅棟の施工が完了しました。

換気口を施工していよいよ完成です。

屋根カバー工法が完了しました。今回使用した金属屋根材はデクラ屋根システムのセネターでした。